2019.05.20

『非武装地帯に春がくると』が平和の旅になりました。

もとは一つの国でありながら、北と南にわかれてしまった朝鮮半島。日中韓平和絵本シリーズの『非武装地帯に春がくると』(イ・オクベ 作/おおたけきよみ 訳)は、鉄条網でさえぎられ、生き物たちだけが行き来できるようになった、非武装地帯の四季の移ろいを見つめながら、展望台からながめながら、故郷と平和を願う、おじいさんの心を描いた絵本です。

この絵本の舞台となる非武装地帯を訪ねる旅が出来ました。
詳しくは掲示のチラシ画像をご覧ください。
お問い合わせは富士国際旅行社まで。
非武装地帯に春がくると

日・中・韓平和絵本

非武装地帯に春がくると

イ・オクベ 作/おおたけきよみ

鉄条網でさえぎられ、人が立ち入れない朝鮮半島の非武装地帯は、生き物たちの最後の避難場所でもある。その四季の移ろいを見つめ続けるおじいさんの、分断された祖国の統一と、平和へのあつい思いを力強く描いた絵本。

  • 小学1・2年~
  • 2011年4月1日初版
  • 定価2,200円 (税込)
  • 立ち読み