2018.10.01

<東京都>三省堂書店池袋本店にて、「14ひきのシリーズ」フェア展開中

ただいま三省堂書店池袋本店にて、「14ひきのシリーズ」フェアが行われています。
ついに100万部を突破した『14ひきのひっこし』をはじめ、シリーズ12点がせいぞろい!

『14ひきのひっこし』の場面パネルや、作者のいわむらかずおさんがアトリエで制作する様子も展示されています。

「14ひきのシリーズ」フェアは、10月も展開継続の予定です。皆様どうぞお出かけください。

三省堂書店 池袋本店
〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 別館地下1階・書籍館地下1階~4階
TEL:03-6864-8900
営業時間:10:00~22:00 年中無休
ホームページ:https://www.books-sanseido.co.jp/shop/ikebukuro_honten/
14ひきのひっこし

14ひきのシリーズ

14ひきのひっこし

いわむらかずお さく

森の奥めざして、さあしゅっぱつ。川をわたり、不安な一夜をすごして、やっとみつけた、すてきな根っこ。みんなで力をあわせて家をつくり、橋も、水道もできた。たべものもたくさんあつめて、さむい冬がきてもだいじょうぶ。みんな、ほんとうにごくろうさま。

人気ロングセラー絵本「14ひきのシリーズ」の第1作。ねずみの家族があたらしいすみかを求めて森へひっこし、木の根元に家づくりをするこの作品から、シリーズの物語がはじまります。

お父さんが図面を書いて、子どもたちも手伝って、居心地のいい家をみんなで一緒につくります。
大人の部屋は1階、子どもたちの部屋は2階と3階。竹を切って床を作ったら、みんなのベッドを並べよう。

豊かな自然の中でくらす、お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさん、そしてきょうだい10ぴき。1ぴき1ぴきの個性が丁寧に描きこまれていて、何度見ても発見があります。

  • 3歳~
  • 1983年7月10日初版
  • 定価1,320円 (本体1,200円+税10%)