松谷みよ子のかわいいおはなし

ねないこだあれ

ねないこだあれ

立ち読み

松谷 みよ子 脚本/村上 康成

「ねないこはおおかみがつれにくるんだって」ふうちゃんは「へいきだもん」なんていっています。

  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 初版:2000年3月1日
  • 判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm
  • 頁数:8場面
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-08822-5
  • NDC:913

感想を書く

書評

深い愛につつまれて(母のひろば616号) 2015年9月15日
 詩のようで、昔がたりのようで、おさなごのつぶやきのようで、ゆったりと流れるここちよい言葉の響き。
 ふと、わが子に添い寝したぬくもりがよみがえってきます。
  はやく、はやく、眠って……と念じながら、「ねないこは おおかみさんが つれにくるんだって」。
 怖いはずのおおかみだって、おさなごには楽しいお話の世界。お母さんのぬくもりに包まれた、ここちよいひとときです。
 「おつきさまは おおかみといっしょに おやまにいるよ……」と、お月さまを背に美しいシルエットの場面。おさなごはファンタジーの世界へと導かれてゆきます。だいすきなもの、だいすきなノン、だいすきなミイだいすきなおかあさんも、おとうさんも、みんないっしょ……と、やわらかな眠りの世界へと引き込まれてゆきます。美しいシルエットが心に染み入ります。
 観客の大きい子も小さい子も、わらべうたを聴いているような、ゆりかごに揺られているような表情になる、何とも幸せなここちの紙芝居です。
 たくさんの作品を通して、子どもたちへの深い愛を届けてくださった松谷みよこ先生、ありがとうございます。
堀川 美子(ほりかわ よしこ/紙芝居文化の会運営委員、紙芝居ピッポの会事務局)