紙芝居ベストセレクション 第3集

つきよとめがね

つきよとめがね

立ち読み

小川 未明 原作/堀尾 青史 脚本/遠藤 てるよ

月の美しい晩のこと。おばあさんが街に住む孫娘のためにぬいものをしていると、不思議なめがね売りがやってきました。めがね売りのすすめるめがねをかけると、ぬいものはすらすらと進み、景色はいっそう美しく見えます。今度は指をけがした女の子が訪ねてきたので、薬をぬってやろうとめがねをかけると、女の子には蝶のはねがありました。薬をつけてあげると、女の子はお礼を言って、月が照らす庭の花の中へと消えていきました。

  • 第2回五山賞 脚色賞・画家賞(1963年)
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税)
  • 初版:1962年8月5日
  • 判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm
  • 頁数:12場面
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-08068-7
  • NDC:913

紹介記事をみる

感想を書く