いのちを守る防災かみしばい じしん・つなみ・たいふう

いなむらの火

いなむらの火

立ち読み

川崎 大治 脚本/降矢 洋子

グラグラッ、ゴゴーッ…。地震にあった庄屋の儀兵衛が海岸から沖へ目をうつすと、海の水が沖へ沖へと引いていき、みるみる海岸には砂原が広がり真っ黒な岩があらわれてきた。「津波がくる…!」実話を基にした物語。

  • 定価2,420円 (本体2,200円+税10%)
  • 初版:2011年6月17日
  • 判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm
  • 頁数:16場面
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-07981-0
  • NDC:913

感想を書く

1854年、和歌山県のヤマサ醤油7代目当主、濱口儀兵衛が実際におこなった行動をもとに、明治の文豪ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が短編集のなかに物語を書いて儀兵衛のことを紹介。その後、ひとりの教員が子ども向けに書き改めた物語が「稲むらの火」として1937年から1947年まで小学国語読本に掲載され、多くの子どもたちに感銘をあたえた。今回の紙芝居は、ラフカディオ・ハーンの物語を基にしています。

「いなむらの火」の物語についての詳細は、下記にお問い合わせください。
稲むらの火の館(濱口悟陵記念館 津波防災教育センター)
〒643-0071 和歌山県有田郡広川町広671
TEL:0737-64-1760

書評

朝日新聞(関西) 2011年7月14日

2019/12/24

<メディア>静岡福祉大学にて『いなむらの火』が実演されました。

12月23日(月)、静岡県焼津市の静岡福祉大学焼津駅前サテライトキャンパスにて、『いなむらの火』の実演会が行われました。『いなむらの火』は1854年に起きた安政南海地震の際に、自身の田にあった稲わらに ...

続きを読む