桂文我落語紙芝居

さぎとり

さぎとり

桂 文我 脚本/国松 エリカ

ねているサギをまんまとつかまえたでんすけさんは、サギをこしに結わえつけたのですが、サギたちが目をさまし、空にとんだので…。

  • 定価2,090円 (本体1,900円+税)
  • 初版:2004年3月1日
  • 判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm
  • 頁数:12場面
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-07712-0
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

イキイキした表情で
子ども会で、3~6歳の子どもたち20人に演じました。
ちょうど夏休み最終の土曜日、夕方からの上演でした。子どもたちがイキイキした表情で…キラキラ輝いた目で観ている光景は、紙芝居が持っている底力をあらためて思い知らされます。
紙芝居のお話をみんなが一緒に共有して楽しんでいるんですね。(53歳)
大好評でした
文庫15周年のつどいのときに、読みました。みんな大笑いで、大好評でした。(51歳)

書評

朝日新聞 2007年12月19日(朝刊)
(掲載ページ23)

2019/9/5

<東京>桂文我 おやこ寄席 in ブックハウスカフェが開催されます。

「桂文我落語紙芝居」などの作者、桂文我さんによる落語に、落語紙芝居の上演など盛りだくさんの内容です。どうぞ、足をお運びください。日時:2019年9月21日(土)13時の部~/16時の部~(2部制、各回 ...

続きを読む