内田麟太郎と長新太の絵本 (全4巻) 

内田麟太郎と長新太の絵本

内田 麟太郎 ぶん/長 新太

内田麟太郎・長新太コンビによる、壮大なナンセンスの世界。1980~90年代に『さかさまライオン』をはじめ多くの作品が刊行されました。奇想天外でありながら読者をひき込むドラマティックな展開と、ダイナミックで生命力にあふれた絵。自由に想像することの楽しさを子どもたちに伝える4作品、待望の復刊です。

  • 揃定価6,380円 (本体5,800円+税)
  • 初版:2013年10月31日
  • 判型:B5判他/サイズ:36.3×22.2
  • 頁数:32~36頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-04461-0
  • NDC:913

感想を書く

くるぞくるぞ

内田麟太郎と長新太の絵本

くるぞくるぞ

内田 麟太郎 ぶん/長 新太

クマが2,345頭も住む山に、モンシロチョウよりもハクモクレンよりも大きな雪が降ってきました。雪は50日目にやっと降り止みます。その途端、雪をかぶった森が、ずしーんと盛り上がり、ずしーんと落っこちました。森に住む動物たちは、何事かと大騒ぎです。大きな雪玉が転がってくるのか、大怪獣がやってくるのか、それとも……。奇想天外な結末には、誰もが驚きます。山が生きていることを、表情豊かに伝えてくれる絵本。

  • 4・5歳~
  • 2013年10月31日初版
  • 定価1,540円 (税込)
  • 立ち読み
うみのしっぽ

内田麟太郎と長新太の絵本

うみのしっぽ

内田 麟太郎 ぶん/長 新太

すてネコどうしが、ひっそりと肩をよせあってくらしていたのに、イヌに追われて山奥にやってきました。せっかくやってきた山奥でもタヌキにはりたおされ、クマになぐられてしまいます。よろよろになったすてネコたちは、川上へ歩いていきます。そこで川の水に指をつけると……。ちっぽけなネコたちと、雄大な自然とが繰り広げる、不思議でおかしい物語。海が生きていることを、感じさせてくれる一冊。

  • 4・5歳~
  • 2013年10月31日初版
  • 定価1,540円 (税込)
  • 立ち読み
こいしがどしーん

内田麟太郎と長新太の絵本

こいしがどしーん

内田 麟太郎 ぶん/長 新太

「ピコ ピコ ピー」 スーパー・コンピューターが計算をしています。「15日目の10時2分。でかでか星が、地球にぶつかる」地球のみんなは、大慌て。おじさんもおばさんも、イヌもネコも、クジラもゴリラもあわてて逃げ回っています。そのとき、山の上の仙人が、小石をころりと転がすと……。ちっぽけな石ころと、でっかい隕石を巧みに対比させた、壮大な世界の広がるナンセンス絵本。強烈で迫力あるイラストが魅力です。

  • 4・5歳~
  • 2013年10月31日初版
  • 定価1,760円 (税込)
  • 立ち読み
そらとぶアヒル

内田麟太郎と長新太の絵本

そらとぶアヒル

内田 麟太郎 ぶん/長 新太

アヒルは、ハトにからかわれました。「飛べない鳥は、鳥じゃないわ」。そんなアヒルを、ゴリラは励まします。夜が明け日が昇り、アヒルはもしかしたら!と思い地面を蹴りました。すると……。アヒルだけでなく、ゴリラでって、ゾウだって、カバだって空を飛べる変な絵本。豪快な絵のタッチが後押しし、空飛ぶ夢見る動物たちを、本当に飛ばせてしまいます。「もしかして…」とファンタジーの世界を遊ぶ想像力がかき立てられる絵本。

  • 4・5歳~
  • 2013年10月31日初版
  • 定価1,540円 (税込)
  • 立ち読み