単行本絵本

ねこがおどる日

ねこがおどる日

立ち読み

八木田宜子 作/森川百合香

リツコの家の白ネコと黒ネコが、夜、ダンスをおどるのを、リツコだけが知っています! すてきだなあ! 誕生日の夜になると、ベランダにたくさんのネコが集まってきて、なんと、ダンスパーティーのはじまりです。

  • 定価1,320円 (本体1,200円+税)
  • 初版:2011年3月25日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:24頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-02550-3
  • NDC:913

感想を書く

推薦のことば

踊るねこたち
ねこというのはふしぎな動物です。やわらかくて、あったかくて、かわいいのですが、人間のいうことは必ずしもききません。そこがいぬとちがうところです。いぬは、ご主人に絶対忠実ですが、ねこはそうではない。

何を考えているのかわからないところがある。踊る、といっても、ふしぎではない。踊るかもしれない、というところから、この絵本は始まります。 絵本を書かないか、というありがたいお話をいただいたとき、私の頭をよぎったのは、ねこの本を書こうということでした。それも、踊るねこの本を。

夜のねこの集会を見たことがありますか。数匹のねこが一か所に集まり、ただ、だまってすわっているのです。じゃましちゃいけない、と近づかないようにしながら、私は、ふっと、このねこたちがそろって立ちあがって、踊り出すのではないかと考えました。その時のことを思い出したのです。

この本のクライマックスは、なんといっても、近所のねこたちが集まって、踊りの会を開くところにあります。ベランダからとびだして、星空で輪になって踊るねこたち。本当に楽しそう! ありえない光景ですが、あるかもしれないと思わせるところが、ねこのふしぎさです。

このちょっとかわった、ふしぎな絵本。ねこ好きな方も、そうでない方も、お楽しみいただけると幸いです。
八木田宜子(やぎた よしこ/作家・翻訳家)