単行本図書

永井 隆 ―平和を祈り愛に生きた医師―

永井 隆 ―平和を祈り愛に生きた医師―

立ち読み

中井 俊已

『長崎の鐘』『この子を残して』などの著作を通じて、戦後の日本人に感動と生きる力を与え、世界中に平和を訴え続けた永井隆博士の生涯をたどる。2008年2月生誕100年を期に刊行された、児童書としては初の本格的な伝記。

  • 定価1,540円 (本体1,400円+税)
  • 初版:2007年6月25日
  • 判型:A5判/サイズ:21.6×15.4cm
  • 頁数:176頁
  • 小学5・6年~
  • ISBN:978-4-494-02238-0
  • NDC:916

紹介記事をみる

感想を書く

1908年2月3日、永井隆は島根県に生まれた。長崎医科大学に進学、放射線医学を専攻するが、慢性骨髄性白血病を患い、余命3年を宣告される。原爆で被災、重傷を負いながら救護活動をおこなう。原爆で夫人を亡くし、みずからも寝たきりの生活となりながらも、医者として、作家として、父親としてけんめいに生き、43歳で生涯を閉じる。平和を祈り続けた永井隆のメッセージは著作を通して、いまも多くの人に受け継がれている。

博士がのこした「如己愛人(己の如く人を愛せよ)」のメッセージは、長崎市永井隆記念館(長崎県)雲南市永井隆記念館(永井隆博士の生誕の地、島根県)で、より深く知ることができます。

書評

山梨日々新聞 山日子どもウィークリー 2011年8月2日 いちおし本だな
山陰中央新報 2008年5月13日
雲南・永井博士関係の図書贈呈
信濃毎日新聞 2007年11月26日(朝刊)
(掲載ページ13)
日本児童文学 2007年12月号
評者/選者:野澤朋子(掲載ページ90)
新潟日報 2007年10月28日(朝刊)
(掲載ページ8)
赤旗 2007年8月25日
子どもの本(科学読み物研究会 福田晴代)
産経新聞 2007年8月20日(朝刊)
児童書
カトリック生活 2007年8月号
西日本新聞 2007年8月1日(朝刊)
長崎県/児童向け伝記出版 故永井博士 次代に伝えて ノンフィクション新装も
熊本日日新聞 2007年7月31日(朝刊)
「長崎の鐘」の永井隆博士 生誕100年控え業績に光 コンサート、記念出版
沖縄タイムス 2007年7月31日(朝刊)
核保有2国から参列/長崎 原爆犠牲者慰霊式典に
毎日新聞 地方版 2007年7月31日
出版:永井医師の願い伝えて 生誕100年を記念、児童書2冊新たに
高知新聞 2007年7月31日(朝刊)
「長崎の鐘」の永井医師 生誕100年で行事次々/高まる再評価の機運
日本経済新聞 九州・山口版 2007年7月28日
Book ブック この一冊:被爆者の生涯を読みやすく描く
長崎新聞 2007年7月12日
故永井博士生誕100年記念し発刊
ザ・ながさき 2007年No.587号
Book:来年、生誕百年──永井隆博士の生涯を改めて知る
山陰中央新報 2007年6月24日(朝刊)
永井博士の功績 次世代へ:境港出身の作家・中井さん(長崎)児童向け伝記出版