かんぱい!シリーズ

ないしょに かんぱい!

ないしょに かんぱい!

立ち読み

宮川 ひろ 作/小泉 るみ子

三年一組の担任・八木省吾先生は、ボール箱でポストを作り教室にかけます。そのポストに顔をかいて「太郎」という名前まで付けます。クラスの子どもたちは太郎くんあてに手紙を書いて入れます。うれしいこと、こまっていること、先生にいいたいこと、ないしょのこと、なんでもいいのです。太郎くんと先生はそれを読んで返事を書きます。手紙でのおしゃべりがきっかけで、さまざまな問題や悩みも解決されていきます。

  • 定価1,320円 (本体1,200円+税)
  • 初版:2014年11月20日
  • 判型:A5判/サイズ:21.5×15.3cm
  • 頁数:96頁
  • 小学1・2年~
  • ISBN:978-4-494-02040-9
  • NDC:913

感想を書く

推薦のことば

ポスト太郎くんにかんぱい! 2015年4月1日
 三年一組の教室に、にっこり笑顔の「ポスト太郎」くんがかけられました。「いっぱいおしゃべりできたらいいな。うれしいこと、こまっていること、先生にいいたいこと、ないしょの話でもいいよ。手紙であくしゅ」
 やがて、みんなから届いたのは、「太郎くん、ないしょだよ」「ないしょ、ないしょだよ」にはじまる、ないしょのお便り。
 子どもも大人も、みんな、ないしょが大好き。くすっと笑ってしまうようなエピソードから、「お店の品をだまって持ってきて、その後に……」という告白まで、ポストの太郎くんと一緒になって、どきどきしながらお便りを読んでしまいます。太郎くんを通して、先生はどんな返事を書くかな。このお便りは、返事が難しいだろうなあ。でも先生は、ないしょを抱えている子どもたちに、さりげない言葉と行動で温かく応えていきます。
 小さな胸に、それぞれの思いを持って生きている子どもたち。作者宮川ひろ先生の、懐深く優しいお人柄が、物語の後ろで川のようにゆったりと流れているのを感じます。後半では、楽しい絵かき歌やわらべ歌も登場して、三年一組は明るい笑いのなかに包まれます。
 「ポスト太郎」くんが、日本じゅうの教室にいてくれたらなあ。そう感じさせてくれるお話の登場にかんぱい!
やえがしなおこ(やえがし なおこ/児童文学作家)