ばななせんせいのほん

ばななせんせい

ばななせんせい

立ち読み

得田 之久 文/やました こうへい

小さい子のクラスに新しくやってきたのは……ばななせんせい。ばななすべりだいや、ばななシーソー! 大きな子たちも、思わず、いっしょにあそびたくなる。こんな先生いたらいいね。

  • 定価1,188円 (本体1,100円+税)
  • 初版:2013年3月30日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:24頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-01541-2
  • NDC:913

感想を書く

子どもたちのありのままを、大らかにうけとめる大人の存在が大事だと伝える絵本です。
園の子ども集団を、擬人化された野菜たちで表現することで、それぞれの個性の多様性も感じてもらえます。

読者の声

表紙にドキッとして目が離せなくなった。すごいヘンな絵でおもしろい。「ばななです。よろしく」が大ウケ。(41歳・男性)
絵がとってもかわいくて、泣いていた子どももぴたっと泣きやみ、じっと見ていました。
これできらいな野菜もたべてもらえれば…。(30歳・女性)

推薦のことば

保育園に来てね!! 2013年4月30日
 「ばななせんせい」とタイトルを読むと「ばななせんせい、だってー」とにんまりほほ笑むMちゃん。ばななが、せんせい? と思ったのでしょう。ばななせんせいが園庭に行くと、大きいクラスの野菜たちがすべり台やシーソーを使っていて、小さいクラスの野菜たちが遊べません。すると、ばななせんせいは、あっという間にすべり台に変身! 野菜たちをすべらせます。「いいなーばななせんせい、ほいくえんにも来ないかな?」とNちゃん。シーソー、ブランコと次々に変身しては野菜たちを楽しませます。それを見ていた大きいクラスの野菜たちも、がぜんやりたくなりました。しかし、「ダメー」と断られます。それを見ていたJくんは「さっき、ダメーっていったからだよねー」とぽろり。
 しかし、ばななせんせいは、大きい野菜と小さい野菜を仲良しにしてしまいます。どうしたのでしょう! それは、絵本を読んでからのお楽しみ。
 主たるお話のほかにも、それぞれの野菜の表情やすみっこで遊んでいる絵を見て、子どもたちはお話の世界を深めています。文字にはないお話を楽しんでいるのです。
 こんな先生がいたら……どんなに楽しいでしょう! 有りえないことかもしれませんが、もし現実にいたら楽しいだろうなと夢をはせる……そんな経験ができるのがこの絵本です。ばななせんせいのなんともユーモラスな表情が一層親しみを添えます。
近藤初江(こんどう はつえ/北区立桜田保育園園長)