単行本図書

チム・ラビットのぼうけん

チム・ラビットのぼうけん

アリソン・アトリー 原作/石井 桃子 訳/中川 宗弥

子うさぎのチムの成長を温かくとらえた珠玉の童話を、名訳と流麗なさし絵でおくる。

  • SLA選定
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税)
  • 初版:1967年3月30日
  • 判型:B5変型判/サイズ:21.7×15.5cm
  • 頁数:192頁
  • 小学1・2年~
  • ISBN:978-4-494-01104-9
  • NDC:933

感想を書く

読者の声

A・アトリーの人生に思いをはせて
作者アトリーの『農場にくらして』という本を読み、感動して彼女の本を読みたくなりました。
彼女が愛する子どもに初めて書いた本だと知って、その中に流れるやさしさや愛情をより深く感じました。
アトリーの不幸な人生を少しも感じさせないところに、かえって彼女の心の悲しみを強く感じる気がします。(M.Sさん・43歳・女性)
声をだして
1話を読み始めてから、このお話は声に出して読んだ方が楽しめるのではと、音読しています。
歌のところはその日の気分で適当に。1日に2話くらい、自分の声を楽しんでいます。(Y.Kさん・58歳・女性)
動物たちのメルヘン
心温まるメルヘンに、大人もすっかり入りこんでしまいました。
豊かな自然やかわいい動物たちのロマンティックな世界に、心がとても癒されます。(A.Uさん・45歳・女性)
愛らしいチム・ラビット
チム・ラビットの、なんともいえないかわいらしさが目に見えるようです。1~3歳の子どもって、こんなだったなぁと…。(K.Cさん・38歳・男性)
秘蔵の本
石井桃子さんの本当に美しい日本語と、中川宗弥さんのかわいらしいのに気品高い絵があいまって、とてもすばらしいご本になっていると思います。
子どものためにと思って買ったのですが、私の秘蔵の本になってしまいそうです。(A.Yさん)

書評

朝日小学生新聞 2007年12月29日
評者/選者:徐奈美(掲載ページ3)
MOE 2007年4月号 石井桃子の100冊
読売新聞 2006年2月13日(夕刊)

2018/5/25

<神奈川>「没後10年 石井桃子展」が開催されます。

児童文学作家として、翻訳家として多くの作品を残した石井桃子さん。没後10年を経た今もなお、その作品たちは、物語を読む楽しさを私たちに教えてくれます。そうした石井さんの足跡をたどる「没後10年 石井桃子 ...

続きを読む