単行本絵本

ことりは ことりは 木でねんね ~韓国のこもりうた~

ことりは ことりは 木でねんね ~韓国のこもりうた~

在庫品切・重版未定

チョン・スニ 作/松谷みよ子

ほら、ことりさんは木でねんね。かあさんにだかれてねんねんよ…韓国の伝統的な子守唄が美しい絵本になりました。

  • 定価1,540円 (本体1,400円+税)
  • 初版:2007年9月20日
  • 判型:B5変型判/サイズ:22.5×23.6cm
  • 頁数:38頁
  • 0・1歳~
  • ISBN:978-4-494-01096-7
  • NDC:921

感想を書く

伝統的な子守唄の調べにのせて、やわらかな風合いをもつ韓国画の見事なさし絵が、母子の眠りの世界を紡ぎだしています。
小さなお子さんをもつお母さんはもちろん、孫をもつお祖母さん、また韓国の文化に親しむ人たちにぴったりの上質な詩絵本です。

読者の声

おかあさんと眠りにつくことの幸せ
やさしい色づかいの絵、「ねんねんねん」の繰り返しに心が安まります。
どこの国の子どもたちも、おかあさんと眠りにつくことの幸せを味わうべきだ…と、強く思いました。(53歳)
確かな声で聞こえるこもりうた
絵から伝わる母の肌のやわらかさ、ぬくもりは他の本にはなかったものです。
松谷さんの言葉は、子どもと母親の間でのないしょ話のように静かだけれども、きっと確かな声で聞こえるように思いました。
チョン・スニさんの原画をぜひ一度見てみたいです。
子どもにはもう少し早くこの本を読んでやりたかったです。絵が美しく、すぐに興味を持ち、ページを広げていました。
すっかりひきこまれました
深い藍色のまどろみの世界が広がっていく。若いお母さんと赤ちゃんを包んでいる。優しい、やわらかな絵物語が、こもりうたとともに展開していく。
手にとって、すっかりひきこまれました。
「四分の四拍子」と書かれているこのこもりうたを、韓国語で聞いてみたいものだと思いました。(64歳)
毎晩読んであげたい
きれいな色彩のあたたかい絵本でした。毎晩読んであげたいです。(31歳)
おかあさんの優しい声
どのページからも、おかあさんの優しい声が聞こえてきそう…。
私の母は遠くに旅立ちましたが、母の姿と重ねながら、あふれんばかりの懐かしさでいっぱいになりました。
作品解説の中に「四分の四拍子のこもりうたです」とありましたが、韓国語ではどううたうのだろう、メロディーは? と、もっと知りたくなりました。(67歳)

書評

MOE 2008年1月号
(掲載ページ36)
読売新聞 2007年11月10日(夕刊)
評者/選者:広松由希子(掲載ページ7)