絵本・こどものひろば

むねがちくちく

むねがちくちく

立ち読み

長谷川集平 作・絵

わたしはリリちゃんと日ようびに遊ぶやくそくをしました。40ぷんまちました。リリちゃんはきません。どうしたのかなあ。なにかあったのかしら。家に帰って、リリちゃんの携帯電話に電話をしました。「リリちゃん、いまどこ?」「すいぞくかんのまえだよ」「ええ!どうぶつえんじゃないの?」「なにいってるのよ」リリちゃんは電話をきってしまいました。わたしのせい?なみだがでて、とまりませんでした。むねがちくちくいたみました――。すれちがって、また仲直りして、泣いて笑って生きていく子どもたちを描く。

  • 定価1,540円 (本体1,400円+税)
  • 初版:2015年11月20日
  • 判型:B5判/サイズ:26.6×19.1cm
  • 頁数:32頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00774-5
  • NDC:913

感想を書く

推薦のことば

ムネチク体験(母のひろば620号) 2016年1月15日
 だれかに何かしてしまったり、逆に、してあげられなかったり、言ってしまったり言えなかったり、なさけなくて胸がちくちく痛むという体験を、子どもはいつごろするのでしょうか。ぼくが覚えているのは4~5歳のころ。みなさんにも幼いムネチク体験があるでしょう。
 胸がちくちく、ずきずき、もやもや……でも自分は悪くないんだとも言いたくなる。だれかや何かのせいにして、ふてくされて言い訳ばっかりしてる自分がまた嫌になって……おとなになっても変わらない気がします。年中、むねがちくちくちくちくしています。
 そんな、いわばムネチクのベテランのぼくが、ムネチク初心者の子どもに言えるとしたら、この絵本のタカおじさんのように「それは失敗だったね。あした、その子に謝ればいいよ。電話やメールじゃなくて、会って目を見て話すべきだね」てことかな。
 実は『むねがちくちく』の最初のテキストには、そう言われた主人公がリリちゃんと向かい合う場面がありませんでした。描かなくてもわかるだろうと思っていたんです。そのシーンをこそ描くべきだと編集の橋口英二郎さんに言われました。咄嗟に「そうしましょう!」とぼくは答えていました。それを言うために会いに来てくれた橋口さんのムネチクとぼくのムネチクが共鳴したんです。そうして描いた和解のシーン、素敵でしょ?
長谷川 集平(はせがわ しゅうへい/絵本作家)

書評

たのしい幼稚園4月号にこにこパーク 2018年3月1日
三鷹市星と森と絵本の家 沼畑美緒さん
小一教育技術 10月号「ズキュン!一年生のココロに響く本」 2016年10月4日
絵本ナビ編集長 磯崎園子さんご紹介
この本読んで! 2016春号 2016年3月7日
ほそえさちよさん(編集者・子どもの本の書評家)
教育新聞 2016年1月7日
長崎新聞 2015年2月28日

2019/1/24

「お母さん業界新聞 大阪版」で、『むねがちくちく』(長谷川集平・作)が「こどもぼんチームが選ぶ4冊」に選ばれました。

子育て支援情報サイト「お母さん大学」の紙媒体版にあたる「お母さん業界新聞」(全国版の発行部数は13万部、大阪版の発行部数は1万部)。同新聞の大阪版でお母さんと子どもを中心に、地域、図書館、書店など児童 ...

続きを読む

2018/6/20

<福岡>長谷川集平さんの講演会が開催されます。

絵本作家の長谷川集平さんの講演会が「たけのこ文庫」40周年記念として下記の日程で開催されます。たくさんのご参加お待ちしています。とき:2018年7月8日(日)13:00開演ところ:リーパスプラザこが  ...

続きを読む