絵本・こどものひろば

ようちえんいやや

ようちえんいやや

立ち読み

カートにいれる

長谷川義史 作・絵

今日もだれかが泣いている。たけしくんとまなちゃんとつばさくんが泣いている。「ようちえんいくのいやや。ようちえんいくのいやや。ようちえんいくのいやや-!」
子育て経験のある人ならば、「あるある!」と思わずうなずいてしまう朝の光景。なんでいやなのかな…。「えんちょうせんせいにあいさつするのがいややー」「ももぐみやからいややー」理由はいろいろ。でもね、本当は…「おかあちゃんと いちにちいっしょに いたいだけなんやー」。
子どもの気持ちを深く理解する長谷川義史の実感がこもった、すべての園児への応援歌です。大胆さ、元気、著者の優しさがあふれています。親子で大笑いしたあとに、ようちえんが大好きになる一冊。

  • 定価1,404円 (本体1,300円+税)
  • 初版:2012年2月2日
  • 判型:B5判/サイズ:26.6×19.1cm
  • 頁数:32頁
  • 2歳~ 3歳~ 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-00758-5
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

娘が保育園へ通っており、泣くことが多い日々。ちょっぴり共感できるようです。さいごの、ママと一緒がいい、というところが特に感じるものがあるようで、これを読んでどうにか園へ通っています。(35歳・女性)
小さな小さな理由で幼稚園がいやだ! というのが、へえ~あるあると、なつかしい気持ちになりました。娘も「お母さんがいい~」と通園バスになかなか乗ってくれなかったことを思い出しました。(女性)

推薦のことば

いややでも ええねん 2012年4月10日
 子どもの心ってご存知ですか? 子どもの本音ってご存知ですか?
 子どものときのこと、覚えていますか? 子どものときの気持ち、覚えていますか? 世の中の子ども達は、毎日泣いています。ほんとよく泣いています。子ども達は、毎日本音を言えずに過ごしています。楽しいはずの「ようちえん」がどうして「いやや」なんでしょう。とても不思議ですよね。みなさんには、心当たりがないですか? 泣いている原因は、なんだ、そんなことなの? と思うかも知れません。子ども達は、毎日本音を言えずに泣いています。言いたいことを我慢しているから泣いています。子どもの本音というものは、とても些細なことのようです。びっくりする程、くだらないことなのです。この絵本は、みなさんの泣いた思い出を笑って振りかえることができる楽しい絵本です。子ども達も子ども達なりに、いろいろ大変なようです。小さな心で、いろいろ考えているようです。子ども達は、子ども達なりに、色々と気を使っているようです。今は、スマシテいる大人達も昔は小さなことで悩んでいたのではないでしょうか。
 子ども達よ! 心配ご無用。みんな昔はそうだった! こどもたちGO!
 私もパソコンに向かいながら泣いていました。「原稿書くのいやや 原稿書くのいやや 原稿書くのいややー 私は、一日ゆっくり絵本を読みたいだけなんやー」
寿 太郎(ことぶき たろう/司会者・おおわだ保育園園長)