単行本絵本

さるのひとりごと

さるのひとりごと

松谷 みよ子 文/司 修 絵/日本民話の会鳥越 信 監修

むかし、一匹のさるが海っぱたに出た。海はいいなあ、すると、うんと答えた。奥深い民話絵本。

  • SLA選定/JLA選定
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税)
  • 初版:2000年6月1日
  • 判型:A4変型判/サイズ:27.3×21.6cm
  • 頁数:32頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-00355-6
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

すべての人に読ませたい。
さるのひとりごとは最も好きな絵本となりました。
読みながら目の前に浮かんでくる大海原。しおの香。とりまく自然が大きい分、猿の孤独感がきわだって感じられる。つぶされても応えようとするカニの心はなんなのか。
「またくるから へんじしてな」とかえっていくサルは別人になったよう。だが、カニは団子になったまま、カニの姿に戻ることはないという取り返しのつかない事実。重くて、深くて、胸を打つ。すべての人に読ませたい。(K.Aさん・主婦・43歳)
さるのひとりごとの感想
読み終わってから心の中に不思議ななにかが残りました。
子どもたちにも感想を聞いてみたいと思います。(Y.Aさん・主婦・42歳)