松谷みよ子 あかちゃんのおいしい本

りんごころころ

りんごころころ

松谷 みよ子 ぶん/とよた かずひこ

ハナコちゃんがのはらをあるいていたら、ごこかでエーンエーンなきごえがした。
ないていたのは大きな大きなりんごの木。「だれもとってくれない。だれも食べてくれない。」
「わたしがとってあげる。わたしが食べる。」ハナコちゃん木をゆすっておとしたり、木にのぼってもいだり。
そうしたらね、したにおちたりんごがはねあがって、ころがりだしたの。ころころびゅーん ころころびゅーん わたしを食べて!
 木のてっぺんで、ハナコちゃんがこんどはないた。エーンエーン だって、みんな いっちゃったんだもの。
だいじょうぶ。ハナコちゃんのりんごといっしょにおうちにむかいます。

やさしい気持ちになるあかちゃんのおいしい本です。

  • SLA選定
  • 定価990円 (本体900円+税10%)
  • 初版:2001年1月10日
  • 判型:B5変型判/サイズ:21×18.7cm
  • 頁数:24頁
  • 2歳~
  • ISBN:978-4-494-00172-9
  • NDC:913

感想を書く


読者の声

読者さま

「りんごころころ」の感想(R.B.さん・主婦・29歳)

この絵本を読むと息子(3歳)は、ふとんの上で“ころころ”とりんごになって遊びます。
読者さま

「りんごころころ」の感想(K.Hさん・主婦・29歳)

1歳3カ月の息子は、ハナコちゃんが、りんごがみんななくなって「エーン エーン」って泣いているところで、ハナコちゃんのマネをして、目に手をあてて泣きマネをします(笑い)。
まだ、ちゃんと「りんご」とは言えないけど「~ご」「~ご」とりんごを指して喜んでます。
また絵本を買ってあげたくなりました。
読者さま

おいしそうなりんご(M.Bさん・主婦・31歳)

イラストのりんごがおいしそうに見えるのか、
息子(1歳)は手をのばしてきます。
読者さま

「りんごころころ」の感想(M.Sさん・主婦・32歳)

シンプルな絵とやさしい文章が、かえって飽きさせないようで、
娘(2歳)は、ころがるりんごのいろいろな表情に、
夢中になって、いっしょにひろって食べるまねをしています。

もっと見る

書評

朝日新聞 2006年7月26日(夕刊)