どーんと やさい

どででん かぼちゃ

どででん かぼちゃ

立ち読み

いわさ ゆうこ さく

「しゅるしゅる どんどん つる どんどん」かぼちゃのつるが、地面をどんどんすすむ。はたけも土手も、葉っぱでおおわれた。はっぱの下には、でっかいつぼみ。つぼみがひらいて、さいた、さいた!
かぼちゃのはながかれたら、みどりのたまが大きくなるよ。かたくて大きいどででんかぼちゃのできあがり!
いろんな色のほくほくあまい西洋かぼちゃ。いろんなかたち、あじはあっさり、日本のかぼちゃ。いろんなかぼちゃがあるね。

  • 定価1,210円 (本体1,100円+税10%)
  • 初版:2016年10月15日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:24頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00166-8
  • NDC:479

紹介記事をみる

感想を書く

書評

「たね」から始まる 野菜のいのち(母のひろば630号) 2017年1月6日
 なす好きの私が、いわさゆうこさんの『つやっつや なす』と出会った時の驚きは今でも忘れません。本物のなすに負けないほどのつやがあり、みずみずしくて、土の香りまで感じたのです。それ以来、「どーんと やさい」シリーズの大ファンになった私は、当店にて3回も原画展をさせていただきました。丹念に描かれた原画を見れば見るほど、いわささんの野菜に対する深い想いが伝わってきました。
 そして、この秋、シリーズ第6弾の『どででん かぼちゃ』が登場しました。今回も楽しくリズミカルな言葉と写実的だけどあたたかい絵で、私たちにかぼちゃの魅力をたっぷり伝えてくれます。光合成のことや受粉のこと、かぼちゃの種類やたねのことをやさしい言葉で教えてくれます。毎回、裏表紙に描かれた実物大の「たね」もこのシリーズの楽しみの1つです。この「たね」からふた葉がでて、つるが伸び……やがて立派なかぼちゃとなり、命をつないできたのです。そんな「たね」の偉大さにも、いわささんの絵本は気付かせてくれます。私たちの身近なところにある野菜がこんなに生き生きと輝いていて、新しい発見があることを教えてくれる「どーんと やさい」シリーズ、いわさゆうこさんの想いとともに手渡していきたいと願い、店頭では子どもばかりでなく大人の方にもおすすめしています。
種村 由美子(児童書専門店ティール・グリーンinシード・ヴィレッジ店主
この本読んで! 2017年夏(63)号
月刊書評紙 子どもの本棚No.582 2017年4月1日
影山祐子

2018/1/24

<滋賀県>いわさゆうこさんの原画展が開催中です!

「どーんと やさい」シリーズでおなじみの、絵本作家いわさゆうこさんの絵本原画展「やさいもどんぐりも、みんなあつまれ〜!」が下記の日程で開催中です。どうぞ足をお運びください。とき 2018年1月23日( ...

続きを読む