どーんと やさい

どっかん だいこん

どっかん だいこん

立ち読み

いわさ ゆうこ さく

どかーんとつまれた、どっかんだいこん。白いぞ、おもいぞ、今が旬。一番人気は、あおくびだいこん。真っ白なのは、しろくびだいこん。どこまでもながーい、ねりまだいこん。どっかーん、大きな大きなさくらじまだいこん。
どっかんどっかん集まって、だいこん祭りだ。しゅうかく終わっただいこん畑。春になると、花咲かせるよ。
からからかわいた、さやの中。赤いたねがこぼれたよ。たねが夢みるは、どかーんと広がる、だいこん畑。

  • 定価1,210円 (本体1,100円+税10%)
  • 初版:2012年11月21日
  • 判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
  • 頁数:24頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00163-7
  • NDC:479

感想を書く

スーパーや食卓で見かけるだいこんが、畑でどんなふうに育っているか、知っていますか? 
だいこんは、白くて重くて、大きな野菜。土から栄養をたくさんもらって、こんなに大きくなったんだね。
「だいこん」が持つ見た目のおもしろさ、育ちかたのおもしろさに触れながら、子どもたちに、畑の野菜の生命力、力強さをもっと知ってほしい。そんな思いから生まれた野菜が主人公の絵本シリーズです。
幼・保・小低の子どもたちが、楽しみながらやさいにふれ、食育にもつながります。

読者の声

読者さま

『どっかんだいこん』『つやっつや なす』感想(30代・女性)

表紙のイラストがきれいで一目ぼれして買いました。大根、なすという地味な野菜を真っ正面から硬派に描いている絵本は珍しく、本当に買って良かったと思います。3歳の娘も「ねずみだいこん」がなぜかお気に入りで、野菜にもいろいろな種類があることを認識しはじめたようです。これからもちょっと地味目の野菜を取り上げてほしいなと思います。さといも、小松菜とか…。図書館で『きゃっきゃっキャベツ』も借りました。いつか購入したいです。

もっと見る

書評

この本読んで! 2017年夏(63)号

2018/1/24

<滋賀県>いわさゆうこさんの原画展が開催中です!

「どーんと やさい」シリーズでおなじみの、絵本作家いわさゆうこさんの絵本原画展「やさいもどんぐりも、みんなあつまれ〜!」が下記の日程で開催中です。どうぞ足をお運びください。とき 2018年1月23日( ...

続きを読む