2020.10.22

<新刊図書>『魔法より大切なもの』 ー 魔法ではなく感じる心を

話題の新シリーズ「クローバーと魔法動物」から、今月刊行された第2作『魔法より大切なもの』をご紹介します。

クローバーは小学生の女の子。
夏休みのはじまりの日、魔物がでると恐れられている森にある秘密の魔法動物紹介所を偶然訪れ、そこでボランティアとして働きはじめました。
飼い主のいない魔法動物の世話をし、ふさわしい里親にひきわたすのが魔法動物紹介所の仕事です。
一度よこしまな魔女に魔法動物をねらわれて、大変な目にあいましたが、仕事にもなれてきました。

いま、クローバーが一番気にかけているのは、魔法動物紹介所のオーナー・ジャムズさんが持ち帰ってきた大きな魔法動物の卵。トロールの一家がみつけたという斑点のある大きな卵です。
一体どんな魔法動物が生まれてくるのか、ジャムズさんでもわかりません。

幸い卵がすぐにかえる様子がないことから、一体なんの卵なのか調べるために、ジャムズさんは急ぎ魔法動物の卵の専門家に会いにいくことになりました。

ひとりで紹介所の留守を預かることになったクローバーは、動物たちの体を洗ったり、えさやりや掃除など、紹介所にあるたくさんの仕事をひとりでこなしていきます。
でも、卵のことが気になって仕方がありません。
仕事のあい間に、卵の様子をみにいくと、なんと卵がわれていました!  

でも、赤ちゃんのすがたがどこにもみあたらず‥‥。



はたして、クローバーは無事赤ちゃんをみつけることできるのでしょうか。
また、卵から生まれた魔法動物の赤ちゃんの正体とは‥‥!?

挿絵は、若者を中心に高い注目を集めている人気画家・スカイエマさん。巨人の夫婦や、幽霊のお菓子やさん、妖精・レプラコーンの親子など、この巻でもファンタジーならではの不思議で魅力的なお客たちが紹介所を訪ねてきます。クローバーは彼らにぴったりの魔法動物をみつけることができるのでしょうか。

魔法界の住人たちのように魔法は使えないけれど、魔法動物紹介所の飼育係として、魔法動物たちを守ろうと奮闘する、少し成長したクローバーの姿をどうぞ本作でお楽しみください。

199ページ/小学校3・4年生から
(ケイリー・ジョージ 作/久保陽子 訳/スカイエマ 絵)

魔法より大切なもの

クローバーと魔法動物

魔法より大切なもの

ケイリー・ジョージ 作/久保 陽子 訳/スカイ エマ

魔法動物紹介所ではたらくことになった人間の女の子、クローバー。オーナーのジャムズさんから信頼されて紹介所の留守をまかされました。巨人の夫婦、お菓子屋の幽霊、レプラコーンの親子……つぎつぎと魔法動物を引き取りたいお客がやってきます。そして、楽しみにしていた魔法動物の卵もかえりました! ところが、うまれたばかりの赤ちゃんがどこかへいってしまったのです。嵐の中赤ちゃんをさがしにでるクローバーですが……。

  • 小学3・4年~
  • 2020年10月14日初版
  • 定価1,320円 (税込)
クローバーと魔法動物

クローバーと魔法動物

...

  • 小学3・4年~
  • 初版