2019.06.21

長野日報2019年6月8日付で、鎌田實さん脚本の紙芝居『かまた先生のアリとキリギリス 』の五山賞特別賞受賞が紹介されました。

長野日報の記事では、諏訪中央病院(茅野市)の名誉院長で作家の鎌田實さんが脚本を担当した紙芝居『かまた先生のアリとキリギリス』(鎌田實さん脚本、スズキコージさん絵)の第57回五山賞の特別賞受賞について報じており、紙芝居の世界に新風を送り込む脚本と作画が評価されたことなどが書かれています。

記事は、こちらの同紙WEB版でもお読みいただけます。

かまた先生の アリとキリギリス

2018年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

かまた先生の アリとキリギリス

鎌田實 脚本/スズキコージ

夏の間、バイオリンばかりひいていたキリギリス。冬になって食べものがなくなりアリの家を訪ねると、冷たく断られてしまいました。でもキリギリスのバイオリンに元気づけられたというアリがいて……。

  • 4・5歳~
  • 2018年11月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み