<兵庫>「絵本作家いわむらかずおの世界」展が開催されます。

兵庫県の姫路文学館にて「絵本作家いわむらかずおの世界」展が下記の日程で開催されます。
原画展では、世界で1,200万部をこえるロングセラーとなっている「14ひきのシリーズ」含め、多数の原画が紹介されます。お近くの方はぜひご覧ください。

●「絵本作家いわむらかずおの世界」展
日時 2018年6月23日(土)~9月2日(日)
場所 姫路文学館 北館
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日、7月17日(火)※7月16日(月)は開館
入館料 一般700円、高・大学生400円、小・中学生200円

●イベント「いわむらかずおさんのおはなし会&サイン会」
日時 2018年8月4日(土)
おはなし会 午後2時~3時(開場は午後1時)
サイン会  午後3時15分~
会場 姫路文学館 北館3階 講堂
定員 150名 ※当日先着順・参加無料

お問い合わせ先
姫路文学館 TEL 079-293-8228
14ひきのシリーズ

14ひきのシリーズ

いわむら かずお

おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさん、そしてきょうだい10ぴき。ねずみの大家族が自然と共に生きる絵本の世界。※1巻『14ひきのひっこし』~12巻『14ひきのもちつき』までを含みます。
12巻セットの他にも、
Aセット『14ひきのひっこし』『14ひきのあさごはん』『14ひきのやまいも』(全3巻)
Bセット『14ひきのさむいふゆ』『14ひきのぴくにっく』『14ひきのおつきみ』(全3巻)
Cセット『14ひきのせんたく』『14ひきのあきまつり』『14ひきのこもりうた』(全3巻)
Dセット『14ひきのかぼちゃ』『14ひきのとんぼいけ』『14ひきのもちつき』(全3巻)がございます。

・自然にとけこんでくらしている14ひきを読んでいるうちに、私までも子どもといっしょに笑ったり泣いたりします。家族のありかたを教えられて、胸がつまる思いがしました(32歳・主婦)

・この一家のおとなたちの目が、子どもたち全員に行きとどいているのを感じて、見習わなくてはなあ、と思いつつ読んでいます。(32歳・主婦)

・光というものをこんなにも描き分けられる方が他にいらっしゃるでしょうか。朝日、夕日、月の光…日が暮れていく様子や、月光の変化などあまりにも微妙で、それらをつかまえることは至難の業と思われます。いわむら先生の光の魅力は私の心をとらえて離しません。嫁が読むほど心安らぐ、そして心騒がされる絵本です。(33歳・寺院坊守)

・14ひきをみてると、本のなかにはいりたくなる。(7歳・小学1年生)

・14ひきの大家族のお話が娘は大好きです。みんなが協力したり、助け合ったり、お手伝いしたり、核家族では教えられないことをこの本を通して話します。大きい子どもは小さい子どもの面倒をみる、お年寄りを大切にする、家族そろって食事をする。当たり前のことなのだけど、この14ひきはそれをとても楽しそうにやっている、そういう家族が私も好きです。(26歳・主婦)

  • 3歳~
  • 2002年7月20日初版
  • 揃定価15,552円 (税込)
  • カートにいれる