絵本・こどものひろば

海底電車

海底電車

立ち読み

松本猛 構成・文/松森清昭

てつおはおじいちゃんの家にひっこしてきた。古ぼけた部屋には、電車のジオラマが置いてあった。てつおは、あらわれた車掌のひいおじいさんと海底電車にのりこみ、人の記憶をめぐるふしぎな旅行に出かける。

  • 定価1,650円 (本体1,500円+税)
  • 初版:2016年3月15日
  • 判型:B5判/サイズ:26.6×19.1cm
  • 頁数:32頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-02568-8
  • NDC:913

感想を書く

推薦のことば

著者より 絵本『海底電車』について 2016年3月23日
 『海底電車』を作ることになったのは、松森さんの絵を拝見したことがきっかけでした。何点か見せてもらった絵は、どれも水の底にある不思議な街であり、そこには電車が描かれていました。「なにか、水の底って記憶がたまっているような気がするんです」
松森さんはそう語りました。
 30年以上も長野県で中学校の美術の教師をしながら、松森さんはずっと水の中の街の絵を描き続けていました。そして驚いたことに、私が若いころに書いた『絵本論』という本の読者で、いつか絵本を描きたいという思いを30年以上も胸に秘めていた人でした。
 私は松森さんの作品からインスピレーションを得て、絵本の案を考え始めました。
私の記憶の海には、世界各地で目にした印象的な風物、人類が生み出した美しくも不思議な建造物がいくつも沈んでいました。
「松森さんの描くあの電車に乗って、記憶の海を旅しよう」
このアイディアが生まれるとストーリーは自然に浮かんできました。
 『海底電車』ができるまでには2年半の歳月を必要としました。私自身が撮影した写真をはじめ、さまざまな資料にあたり、イメージを膨らませ、松森さんは数えきれないほどの習作を描いてくれました。
 この絵本を手にした子どもたちが、海底電車に乗って、主人公のてつおとともに不思議な水の中の旅を楽しみ、さらに、この幻想的な世界を通して、人類がつくってきたさまざまな文化や歴史に興味を持ってくるならばこんなに嬉しいことはありません。
松本猛(美術・絵本評論家、作家、ちひろ美術館常任顧問、絵本学会会長)

書評

記憶の海での秘密の冒険(母のひろば624号) 2016年5月15日
 お母さんと一緒におじいちゃんの家に引っ越してきた少年は、「ぜったいに入ってはいけない」といわれていた、おじいちゃんの部屋で不思議な体験をします。知らないおじいさんが運転するレトロな電車に乗って、海の底を探検するのです。

 海底電車は、人の記憶の海を走るのだといいます。ドイツの南にあるノイシュヴァンシュタイン城、ローマの水道やコロセウム、エジプトのピラミッドやスフィンクスや太陽の船。人類の長い歴史が生み出した不思議な建物や遺跡が、銀河のようにきらびやかな蒼い海底に幻想的に描き出され、どの場面も工夫されていて、見はじめると興味が尽きません。

 中学の美術教諭をしながら創作活動をしている画家の、はじめての絵本だそうですが、場面転換の妙や青を基調とした構成と構図の巧みさ、描き込みの濃密さには驚かされます。

 曾祖父から祖父へ、そして孫へと伝えられる記憶の世界での素晴らしい冒険が、学校に行けず閉じこもりがちな少年の心を、さりげなく解きほぐす物語構成も見事です。

 蜘蛛の巣が張った不気味な洋館の、等身大の鉄仮面の像がみはる奇妙な一室を舞台にした記憶の海の冒険は、子どもたちの好奇心を刺激するとともに、乗り物好きにはたまらない魅力的な絵本にもなるでしょう。巻末の図版解説も楽しめます。
野上暁(のがみ あきら/評論家)

2018/7/4

<東京>ちひろが描いた戦争と平和 〈いわさきちひろ生誕100年記念〉が開催されます。

ちひろが描いた戦争と平和 〈いわさきちひろ生誕100年記念〉が下記の日程で開催されます。いわさきちひろさん生誕100年を記念して評伝『いわさきちひろ 子どもへの愛に生きて』を上梓した松本猛さんがその生 ...

続きを読む