絵本・こどものひろば

とげとげ

とげとげ

立ち読み

在庫品切・重版未定

内田麟太郎 文/佐藤茉莉子

とげとげの体には、トゲトゲがあります。ちょっと姿が違うだけで、いつもみんなにいじめられていました。でもある日、サルにいじめられているところを、ヤマアラシのトムに助けられて…。

  • 定価1,466円 (本体1,333円+税)
  • 初版:2010年9月30日
  • 判型:B5判
  • 頁数:32頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-02556-5
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

忘れられない絵本になりそうです。
何度読んでも涙が出ました。差別によって固く伸びて自分を守っていたとげ。愛してくれる者の存在でかたくなな心が溶けていく……。
絵も可愛らしく、初めての作品だなんてスゴいです! 次回作も楽しみです。
人生の忘れられない絵本になりそうです。(38歳・女性)

推薦のことば

わたしの はりは…
自分の生まれた場所も、名前も知らない女の子、とげとげ。ガキ大将のサルたちにいじめられるたびに伸びていくという針は、とげとげの心で、まわりのことをキャッチするアンテナ。もしかしたら自分を閉じこめている鎧。自分のことを守ってくれた、よく似た針を持つヤマアラシの男の子が現れたとき、ともすれば相手を傷つけてしまう針に、とげとげは心を痛めるのです。
複雑な心のありようが、「針」に象徴され進んでいくこのお話。舞台になっているのは、作りもののような形をした木がひょろりと立ち、家いえの煙突から煙が出ている、どこの国ともいえない不思議な場所。登場人物たちの独特のフォルムや、かわいらしい服装が、そうした風景といっしょになって、重たいテーマをオブラートに包んで軽やかに読者へ手渡してくれています。
最後のほう、ベンチの上でとげとげが見る、夢の場面が印象に残ります。読みすすめるうち、つまるように感じていた胸のなかに、絵に描かれた風のふくらみが入ってきて、心がふわりと解きはなたれていきました。「自分のことをわかってくれる人は、必ずすぐそばにいるんだよ」そんな言葉を、風が伝えてくれているようで。
柴田こずえ(しばた こずえ/編集者)