単行本図書

ピンクのチビチョーク

ピンクのチビチョーク

立ち読み

新藤悦子 作/西巻茅子

チーばあばが、少しずつ、いろんなことを忘れていく病気になった。わたしのことも忘れちゃうのかな。そうだとしても、わたしはチーばあばが大好き。チーばあばに教わった「チビチョークのうた」を歌ってみると…。

  • 定価1,210円 (本体1,100円+税)
  • 初版:2010年3月5日
  • 判型:A5判/サイズ:21.5×15.3cm
  • 頁数:96頁
  • 小学1・2年~
  • ISBN:978-4-494-01948-9
  • NDC:913

感想を書く

子どもたちが、家族・認知症や介護について、考えるきっかけとなる作品です。

読者の声

また読みたいです
チーばあばというおばあちゃんは、とてもやさしくていいなと思いました。いぬとおじいちゃんがしんでかわいそうだなと思いました。さいしょはチョークはしゃべらなかったけど、さいごのほうになるとえがうかびあがったり、ゆめがかなったみたいなかんじでよかったと思います。チーばあばは小さいころと大きいころにそらとぶふねにのれていいなと思います。また読みたいです。(小学2年生)
ピンクのチビチョークの感想
一ばんさいしょはたのしそうだなって思ったけど、おばあちゃんはとても小さくなっていて、ゆうちゃんのこともわすれちゃって、大じいじもいなくなってたのしくないなと思った。でも、女の子が出てきて、おばあちゃんをげんきにしてくれてさいごはああよかったと思いました。(小学2年生)
ピンクのチビチョークの感想
私はこのようにチョークで絵をかいてみたくなった。そして、チーばあばが病気になったのは、とても私のおじいちゃんににていると思った。大切な人を大切に思っているチーばあばがとてもやさしいと思う。家族の関係はとても大事なのがわかった。チーばあばがいろいろわすれてしまっても、チョークさんはやさしく教えてくれていた。チーばあばの病気が治るといいですね(小学4年生)
ぼくも…
ぼくもおじいちゃんがしんでしまったので、すごくかなしかったです。チーばあばがおもいだせたからよかったです。(小学2年生)
子どもたちに、考えるきっかけを与える作品
痴呆ではありませんが、うつや脳梗塞で倒れたおじいちゃんと一緒に過ごしている子にとって、この作品は他人事ではなかったようです。
「一緒に過ごして楽しい思い出を作りたい」と考えていました。(小学校教諭)
いつまでも思い出になるといいな
ユウちゃんがチーばあばとチョークで書いた船をよみがえらせたことがすごかったです。ユウちゃんはチーばあばのことがとても大好きなんだなと思いました。このチョークのごっこ遊びは,いつまでもユウちゃんとチーばあばの思い出になるといいなと思いました。(小学3年生)

推薦のことば

日野原重明先生、ご推薦! 2010年2月10日
いま、多くの子どもさんへプレゼントしてほしい本です。
日野原重明(ひのはらしげあき・聖路加国際病院理事長)
忘れてもまたつくれる思い出
広い地面に、思いっきりお絵かきをしたいと思ったことはありませんか?
アスファルトに色とりどりのチョークを使えば、カラフルな絵だって描けるのです。このお話でも、チョークが大活躍!
チーばあばと孫のユウちゃんは、チョークを使って歌いながら楽しくお絵かきをしていました。
ユウちゃんは大好きなチーばあばと過ごすのが楽しみでした。でも、久しぶりに会ったチーばあばはいつもと様子がちがいます。お絵かきの仕方や、ユウちゃんの名前を忘れてしまっているのです。このお話を読んだ子どもたちは「どうしてチーばあばは忘れちゃったんだろう」と不思議そうに首をかしげました。すると、ある女の子が言いました。「わたしもね、大好きなおじいちゃんに忘れられてしまったの。顔を見ても思い出せなかったの。悲しかったよ。でもね、わたしがおじいちゃんのことを大好きなんだから、忘れちゃったら何度でも教えてあげることにしたの。また思い出をつくってあげるの」
忘れられてしまうのは悲しいことですが、忘れてしまったお年寄りも、とてもつらく悲しい思いをしているのです。そんなお年寄りに笑顔を取り戻せるのは、家族の温かい愛情ではないでしょうか。「忘れてしまってもわたしはチーばあばが大好き」というユウちゃんの思いが今、何よりも大切だと思うのです。
花岡和美(小学校教員)

書評

東愛知新聞 2010年6月15日
新刊の童話「ピンクのチビチョーク」が、子どもたちが家族の認知症や介護を考えるきっかけになると反響を呼んでいる。

本を読んだ子どもたちや親から感動をうけた感想が次々と届く。新藤さんは「(認知症で)多くのことを忘れてしまっても、うれしかったこと、楽しかったことなど、日常生活の中で思い出すことがありますその瞬間を大切にしたい。一緒に過ごす子どもたちにも知ってもらいたい」と話している。
読売新聞(夕刊) 2010年4月17日 本だな
認知症がテーマの物語
朝日小学生新聞 2010年4月10日 新刊ガイド

2019/7/5

<神奈川>企画展「『わたしのワンピース』50周年 西巻茅子展―子どものように、子どもとともに」が神奈川近代文学館で開催されます。

企画展「『わたしのワンピース』50周年 西巻茅子展―子どものように、子どもとともに」が神奈川近代文学館にて下記日程で開催されます。178万部を超えた西巻茅子さんの絵本『わたしのワンピース』を中心に、色 ...

続きを読む