ハートウッドホテル

ねずみのモナと最高のおくりもの

ねずみのモナと最高のおくりもの

立ち読み

ケイリー・ジョージ 作/久保 陽子 訳/高橋 和枝

ハートウッドホテルでメイドとしてはたらくことになった、ねずみのモナ。冬はお客も少なく静かにすごせるはずでしたが、ウッドチャックの不吉な予言にはじまり、わがまま公爵の来訪、そして食料どろぼうと、冬のホテルもごたごたばかり。おまけに大雪のため、食料の配達がこなくなります。不安と疑惑がひろがるなか、モナとティリーはどろぼうをおってホテルの外へとびだしますが、猛吹雪にみまわれ……。シリーズ第2弾!

  • 定価1,430円 (本体1,300円+税)
  • 初版:2019年1月20日
  • 判型:B6変型判/サイズ:17.9×13.0cm
  • 頁数:190頁
  • 小学3・4年~
  • ISBN:978-4-494-01742-3
  • NDC:933

紹介記事をみる

感想を書く

読者の声

モナがひたむきにがんばるすがたがすごい!
モナがひたむきにがんばるすがたがすごいです!
それに、とてもかわいいです。
三かんがとてもたのしみです!
(10歳・女性)
大切なものに気づかされて心あたたまりました
モナは幸せな生活を送っていて、でも苦しい生活を送っている子供と公爵と出会って相手のことを考えて助けてあげていて、勇気があって心やさしいなと思いました。
どんな物よりも大切な物をモナは見つけて、支え合える友達や自分のい場所があることに感謝して生きていくのかなと思って大切なものに気づかされて心あたたまりました。(12歳・女性)

2019/11/18

〈新刊図書〉『ねずみのモナのはじめてのジェラシー』

小学校3・4年生向け読み物の人気シリーズ「ハートウッドホテル」シリーズ第3巻のご紹介します。春です。ハートウッドホテルのみんなは、もうすぐ開催する春のとびきりフェスティバルの準備に大いそがしです。主人 ...

続きを読む