絵本・こどものひろば

マスク

マスク

立ち読み

福井 智 作/林 なつこ

「うえをむいたハンコみたい」…ブタくんはじぶんのはながすきではありません。「これで、はなをかくそうっと」ブタくんが、見つけたマスクをかけようとしたら、ともだちが次々やってきて、さきにマスクをかけてしまいます……。
誰かに言ってもらわないとわからない、自分のすてきなところを見つけるお話です。
第7回絵本テキスト大賞受賞作。

  • 第7回絵本テキスト大賞
  • 定価1,404円 (本体1,300円+税)
  • 初版:2017年7月12日
  • 判型:B5判/サイズ:19.1×26.6cm
  • 頁数:24頁
  • 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-01555-9
  • NDC:913

紹介記事をみる

感想を書く

書評

北海道新聞 2017年8月31日
野呂有里
ひらけば、二冊がぴっかぴか(母のひろば639号・第7回・第8回の絵本テキスト大賞受賞作『マスク』『バスていよいしょ』書評より) 2017年8月15日
 スーパーに行く途中、ちょうど宅急便の人に会って〈それ〉を受け取りました。スーパーのベンチで急いで開けて見た〈それ〉は、第7回・第8回の絵本テキスト大賞を受賞した『マスク』と『バスていよいしょ』の校正刷りでした。
 絵本テキスト大賞は、絵本作家の発掘と育成を願って、毎年、日本児童文学者協会と童心社が主催しているもので、絵本の文~ことば~だけを審査します。大賞に選ばれると、素敵な 画家さんたちの絵がついて絵本として出版されるのです。
第7回・第8回は、私が選考委員を務めました。私にとって初めてのことで、公募で何百通と来る原稿、全部読んでちゃんと選考できるかちょっと不安でした。でも大丈夫。選考にご一緒した児童文学作家の丘修三さん、内田麟太郎さん、童心社の編集者さんらが頼もしかった。
 そして、文だけで選考した受賞作に絵がついて、まだ未完ながら、絵本としていま私の目の前にあるのです。表紙の絵を眺め、ページをめくりながら「おお!  2冊ともいいんでないの!!」と思わず声が出ました。新鮮でなんだかうれしい。
『マスク』は、絵本にしたらおもしろそう、自分が描いたらどんな絵本になるかな、なんて思いながら選んだテキストでした。絵は林なつこさん。表紙のぶたくんと水玉模様のマスクがぱっと人目を引きます。自分の鼻が好きではなく、マスクで 隠そうとするぶたくん。そこにつぎつぎとやってくる動物たちのやりとりが愉快です。わたしはわたし、ぼくはぼく。みんな違っていいんだよね。いい仲間たちでよかったね。
『バスていよいしょ』は、西村繁男さんの絵。テキストを読んだとき、話はおもしろいけれど、主人公のしんごくんとバス停の前に現れる、駕籠かきや、浪人者、お姫様など、江戸時代にタイムスリップしたような登場人物がどうシンクロしていくのか、今ひとつイメージできませんでしたが、そこはさすが西村 さん。軽妙洒脱な筆致で、ちょっとシュールな世界。やってくれましたね。どうしてもバス停を移動させたいしんごくん。しんごくんのおばあちゃんに対するやさしさがみんなを動かしたんだね。
 絵本は、文と絵のコラボレーションです。絵は文を説明しない。文は絵を説明しない。ことばが語る、絵が語る。1冊の絵 本は、そうして何倍もおもしろいもの楽しいものになって生まれていく。それが絵本の妙味かな。
(長谷川智子/絵本作家)

2017/5/30

第10回絵本テキスト大賞 ご応募締切は 6/30まで!

現在第10回絵本テキスト大賞にて、絵本テキスト(文章)を募集中です。ご応募の締切は今月30日まで!大賞に選ばれた絵本テキストには、著名な画家の絵がついて絵本として出版されます。皆様のご応募、おまちして ...

続きを読む