五味太郎 おでかけシリーズ

げんきにおでかけ

げんきにおでかけ

立ち読み

五味 太郎 さく

きつねの子がげんきにおでかけ。“どんっ”出会うものにつぎつぎにぶつかっていきます。「だいじょうぶか、おまえ」。調子は上々、いいかんじ。「おまえ、どんがすきなんだな」はたけのおじさんがいいました。

  • 定価1,100円 (本体1,000円+税10%)
  • 初版:2017年2月1日
  • 判型:B5変形判/サイズ:19.6×19.6cm
  • 頁数:24頁
  • 2歳~
  • ISBN:978-4-494-01458-3
  • NDC:913

感想を書く

書評

母のひろば634号「子どもも、大人も」 2017年4月1日
 「どん」。痛そうな本です。キツネでしょうか。主人公は、どんどん、どんどんぶつかります。ぶつかっては、「いい感じ」のようです。くり返される物語に五味太郎さんの絵は、太い線と柔らかな美しい色で、まるでステンドグラスみたいです。子どもたちと一緒に読んでみます。声をかけるでもなく、ソファーに腰かけて絵本を読みはじめれば、小さな子も大きな子もそれとなくやってきて、読んでいる僕のそばに座りこみます。立ちながらのぞき込んで見ている子もいます。どの子も、じっと絵本の世界に入り込んでいきます。「どん」とぶつかるたびに、くすっと笑いがこぼれます。みんなが笑うので、一緒にいた1歳になったばかりの赤ちゃんも、やっぱり同じように笑います。赤ちゃんは、「どん」が来るたびに、笑うようになります。読んでいる僕も、面白くなります。みんなが共感の世界に包まれます。短いお話の、小さな集団での、共感の世界はすぐに終わってしまいます。けれども、読み終わるとすぐに、もう1度読もうと僕も思いますし、きっと子どもたちも思っています。ですから、また「どん」が始まるのです。3回読みました。4歳の男の子が「へんな、ほんだなぁ」と、ぼそっと嬉しそうに言いました。優しく、美しく、調子のよい、とっても変な本だなぁと、やっぱり僕も思いました。
溝口 義朗/保育士、ウッディキッズ園長