単行本図書

恐竜研究所へようこそ

恐竜研究所へようこそ

立ち読み

林原自然科学博物館

恐竜研究の最前線で活躍中の研究者たちの仕事ぶりを紹介しながら恐竜の魅力をたっぷり味わう本。恐竜そのものの魅力を紹介するだけでなく、発掘から研究、復元の過程をていねいにたどるとともに、たずさわる多くの人たちの情熱あふれる仕事ぶりにもスポットをあてて紹介します。

  • 定価2,750円 (本体2,500円+税)
  • 初版:2007年5月31日
  • 判型:AB判/サイズ:25.7×21cm
  • 頁数:72頁
  • 小学5・6年~
  • ISBN:978-4-494-01189-6
  • NDC:457

感想を書く

豊富なビジュアルで、いままで見たことのない恐竜研究の最前線、舞台裏も公開。
ゴビ砂漠での恐竜化石発掘、国内でのクリーニング作業、修復、模型づくり、そして研究発表へと続く恐竜研究の一部始終を写真とイラストを交えて紹介。恐竜研究にたずさわる人びとの熱い思いが伝わる本。

書評

全科協ニュース Vol.42  2012年11月 特集:読書のすすめ2012 ~プレゼントしたい科学の本~
吉長聡子(科学読物研究会会員)
こどもの図書館 2007年12月号 Vol.54
「あたらしい本から」コーナー掲載 評者/選者:稲庭了
AERA 2007年11月5日号
評者/選者:あさのあつこ(掲載ページ44)
月刊ポプラディア 2007年11月号
西本鶏介がすすめる今月の1冊
新婦人しんぶん 2007年9月13日
広瀬恒子さんが選ぶ子どもの本「ねぇ、いっしょに」
日経サイエンス 2007年9月号
特別付録「親と子の科学の冒険」夏休みのブックガイド
流行通信 2007年8月号
今月の読まず嫌い本:遠い昔の記憶を記録する「時間創造者」たちのお仕事図鑑(文 金原瑞人)
Musée ミュゼ 2007年7月25日(vol.81)
恐竜への好奇心くすぐる一書
静岡新聞 2007年7月22日
ヤングアダルト
河北新報 2007年7月22日
ヤングアダルト青春の1冊:最前線の仕事紹介
山陽新聞 2007年7月20日(朝刊)
化石調査隊活動を紹介
朝日中学生ウイークリー 2007年7月1日
ブックパラダイス:本棚(新刊紹介)
朝日小学生新聞 2007年6月30日
新刊ガイド

2018/10/12

石垣忍さんのグループが、モンゴル史上最大級の恐竜の骨を発見!

現代の恐竜研究を、子ども向けにわかりやすく描いた『恐竜と歩こう!─足跡化石の発掘と研究』『恐竜研究所へようこそ』などの著者で元林原自然科学博物館館長である石垣忍さん。現在、岡山理科大学の生物地球学部教 ...

続きを読む