絵本・こどものひろば

むしたちのうんどうかい

むしたちのうんどうかい

立ち読み

得田 之久 文/久住 卓也

カブトムシ、テントウムシ、バッタ、チョウ、ダンゴムシ……たくさんの虫がはらっぱにあつまって、うんどうかいをはじめました!

  • SLA選定
  • 定価1,430円 (本体1,300円+税)
  • 初版:2001年9月15日
  • 判型:B5判/サイズ:19.1×26.6cm
  • 頁数:32頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00893-3
  • NDC:486

感想を書く

読者の声

「むしたちのうんどうかい」の感想
 先日、早速文庫で子どもたちとともに楽しみました。
お客様は、2,3,4年生の女の子5人、2年生の男の子1人、赤ちゃん1人、
そして、大人たち、少し多すぎて8人ほど。
 運動会を2週間前に終えたばかりで、「むしたちにも運動会あるんだって、
みんなとおんなじかなー?」と、始めると・・  
表紙を見た3年生の女の子、「うわぁー、たらこくちびるのバッタだ-!」
みんなで、大笑い。
むしたちの応援団は、声の出るむしたちがやるんだよね、と話しました。
次の、みいでらごみむしのおならの合図ブーッ、だんごむしのたまいれ、にげだすだんごむし、
に、大笑い。
そして、「かまきりは、おひるごはんに何を食べたのか?」と、しばし、みんな沈黙。
むしたちのダンスの絵を見て、「きれいー、万華鏡みたいー!」の声。
最後のつなひき、「どうなるとおもう?」とたずねると・・
「かまきりが、つなをきっちゃうー」
「かまきりが、みんなを食べちゃって、おしまい」という子どもの発想。
それを聞いて、またみんなで、大笑い。
まだまだ、いくらでも、子どもたちといろんなことを話しながら、楽しめて、
むしたちのことも、知ることができる絵本だな-と思いました。
さっそく、今日はじめて文庫に来た3年生の女の子かおるちゃんが借りていってくれました。

絵本のおもしろさを判断するのは子どもたち、ほんとにおもしろい本には、子どもたちは、
くいついてきます。
そして、子どもと絵本を読むことで、楽しさは何倍にも大きくなります。

今回の新作、「むしたちのうんどうかい」・・
ずっと、むしを見続けてきた得田さんならではの発想、そして、久住さんのユーモラスな絵
が、意外にピッタリマッチして、大成功の絵本になったのではないでしょうか。

これから、まだまだ、図書館のおはなし会でも、たくさんの子どもたちと楽しみますね。
ありがとうございました。

また、次回に大いに期待しています。(A.I.さん・その他)

書評

朝日新聞 2009年7月18日付 わが家「これ読んで!」
福島県相馬市
坂本侑良くん(4)、晴南ちゃん(2)
優芽ちゃん(9ヵ月)
★外であそんでいるといろんな虫たちを発見!
絵本のように、一緒に運動会をするの。
母・育子さん代筆。
Cheers! Kids(岡山県タウン誌) 2008年冬号
親子で楽しむ絵本のじかん

2019/10/28

「好書好日」に得田之久さんのインタビューが掲載

朝日新聞社の運営する本のサイト「好書好日」のインタビュー「えほん新定番」にて、得田之久さんのインタビューが掲載されました。少年時代のエピソードや、『むしたちのおんがくかい』など昆虫絵本への思い、また読 ...

続きを読む

2018/6/11

<東京>絵本作家 久住卓也さんの新作絵本の原画展が開催されます。

絵本作家、久住卓也さんの新作絵本『なすのぼうや』(ポプラ社刊)の原画展を下記の日程で開催いたします。久住さんは、童心社でも虫たちの楽しく愉快な様子を描いた絵本『むしたちのうんどうかい』『むしたちのおま ...

続きを読む