せなけいこ おばけえほん

ひゅるひゅる

ひゅるひゅる

せな けいこ

おさむらいがつりをしていると、魚ではなくてかっぱの子どもがつれた。あわてた親がっぱは……。

  • SLA選定
  • 定価1,100円 (本体1,000円+税)
  • 初版:1993年6月5日
  • 判型:B5変型判/サイズ:21×18.5cm
  • 頁数:28頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00437-9
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

こわがって寝るかなと思ったら…逆効果でした。
夜、なかなか娘が寝ないので、おばけの本を読んで聞かせたらこわがって寝るかなと思ったら、とてもおもしろがって…。特に主人が読むと、わざとこわそうに読むので、それが気に入って、何度も読むことになりました。(M.H.さん・24歳・女性)
子どもたちも大好きです。
せなけいこさんの“おばけえほん”シリーズは、いつもよく見ています。
保育園の子どももよく楽しそうに見ているので、つい…手がのびてしまいます。(K.O.さん・保母・23歳)
おばけの人形もたくさん作りました。
中2、中1、小6の大きな子たちが幼いときから今日まで、せなさんの本とは長いお付き合いになりました。とても新鮮な作風で、すばらしいと思います。我が家では、これからも愛されるベストセラーになりそうです。(K.Y.さん・39歳・女性)
「ひゅるひゅる」って何だろ?と考えさせられて…
子どもも私も本が大好きで、いつも本屋さんでどの絵本にしようかと悩みます。たまにはちょっと変わったものを…と思い探していると、この「ひゅるひゅる」という題が一目につきました。絵が単純で、文章が子どもの絵本らしくない所が楽しいので、すぐ気に入りました。時代劇調に読むと子どもがキャッキャッと大喜びするので、1日に何回も読まされています。子どもはおばけシリーズが大好きなので、これからもこのシリーズを購入したいです。(M.I.さん・29歳・女性)
一度読んで、すぐに気に入ってしまいました。
絵がはり絵でかわいいです。ストーリー的にはよくあるタイプですが、子どもにも自分にも新鮮で大好きです。「…でござる」のことばは、子どもに「おもしろい」と大好評!シリーズそろえたいと思います。(Y.H.さん・29歳・女性)