絵本・こどものひろば

ゆきのよあけ

ゆきのよあけ

立ち読み

いまむらあしこ 文/あべ弘士

寒い北の大地でたくましく生きる、ひとりぼっちの野うさぎの子ども。キツネやフクロウなどの天敵からのがれ、輝くいのちの喜びにあふれる爽やかな朝を迎える。大自然のきびしさと美しさ、魅力がいっぱいの絵本!

  • 定価1,466円 (本体1,333円+税)
  • 初版:2012年11月27日
  • 判型:B5判/サイズ:26.6×19.1cm
  • 頁数:32頁
  • 小学1・2年~ 4・5歳~
  • ISBN:978-4-494-00268-9
  • NDC:913

感想を書く

雪のよあけの美しさが、いのちの輝きとなって胸にせまってくる。畏怖を感じさせるほどの大自然のきびしさと美しさ。生きぬく力と喜びがあふれる。味わい深い文章と、深みと広がりを感じさせる絵画の魅力がいっぱいの絵本です。 

読者の声

あかがねいろの夜明けがくることを祈ります
被災地・岩手県N村に住んでおります。心鎮まる色彩にひかれて、手にしたこの絵本にひきこまれてしまいました。
ノウサギの子と被災した自分が重なったのかもしれません。被災後、避難した高台から見た紅い鮮やかな朝焼けが、深く心に残っています。あんなにわれわれを絶望におとしいれた自然なのに……なんでこんなにきれいなんだろうと思ったものでした。
この絵本を手にして、これだ!“あかがねいろ”のよあけだと自分で納得しました。被災地に真の“あかがねいろ”のよあけがくることを祈りつつ、この言葉を紡いでくださった、著者に感謝です。(61歳・女性)

2019/4/8

<広島>「あべ弘士の絵本と美術-動物たちの魂の鼓動-」が開催中です。

旭山動物園の飼育係を経て、『ゆきのよあけ』『しろもくろも、みんなおいで』など絵本作家として30年に渡り創作を続けるあべ弘士さんにフォーカスした、「あべ弘士の絵本と美術-動物たちの魂の鼓動-」がふくやま ...

続きを読む