絵本・こどものひろば

サカサあそび オカのカオ

サカサあそび オカのカオ

立ち読み

谷川晃一

サカサあそびであそぼう!カバのバカ、ダルマはマルダ、ミルクとクルミ、ダンスはスンダ…。上から読んでも下から読んでも同じさかさ言葉と、ユニークなさかさ絵の見事なコラボレーションをお楽しみください。

  • 定価1,430円 (本体1,300円+税)
  • 初版:2012年7月5日
  • 判型:B5判/サイズ:26.6×19.1cm
  • 頁数:24頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00266-5
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

とても、おもしろかったです。さかさにしても、もとのかおなんです。こうゆうえが、かけるのはすごいとおもいます。(6歳)

推薦のことば

地球だって回転してる 2012年8月1日
 「オカのカオ」! 中国人占い師のような「オカ」さんがムッとしています。でも絵本をさかさにすると、ニッコリ。「ダルマはマルダ」! 真赤なダルマをさかさにすると、おふろにつかりすぎてゆでたこになったおじさんの顔!? 絵と一緒に、ことばもくるり。文字もくるり。まさに常識をひっくりかえすような「さかさ絵本」の登場です。
 表紙も右半分がさかさで、トランプみたい。親子で向きあって、また何人かで絵本をかこんで、声を出しあうのも楽しいでしょう。「カバのバカ」。「ダンスはスンダ」。「ドレミファファミレド」なんて、音までさかさ。めくる。ひっくりかえす。笑う。脳と体がいきいきしてきそうです。
 上下左右どこからでも楽しめる、ふしぎな回転扉のような絵本。この世の価値観もくるりとひっくりかえることがありますが、最初からわかっていれば安心。表と裏は背中あわせ。地球だって回転しているのです。──はじめての絵本『かずあそび ウラパン・オコサ』(一九九九年)で世界をゆったりと単純化してみせた作者は、十五冊目となる本作でくるりと原点にもどってきたかのよう。大人になるにつれて複雑になっていく世界や、あわただしい日常。そんなふつうの時間とは逆向きに流れていく、もうひとつの時間。さかさまから見ると、ほんとうの世界が見えてくるかもしれません。
寺村 摩耶子(てらむら まやこ/絵本批評)