せなけいこ おばけえほん

ふでこぞう

ふでこぞう

せな けいこ

月の光がさして、ふでがうごきだした。台所の卵にすらすら、あらあら卵のお化けがあらわれた。

  • SLA選定
  • 定価1,100円 (本体1,000円+税)
  • 初版:2002年7月15日
  • 判型:B5変型判/サイズ:21×18.5cm
  • 頁数:28頁
  • 3歳~
  • ISBN:978-4-494-00157-6
  • NDC:913

感想を書く

読者の声

息子も私もおばけえほんシリーズが大好きです。
先月5才になった次男は、最近このシリーズが大のお気に入りです。覚えた平仮名でたまにひとりで読んでいますが、やっぱり声の調子を変えたりして読んであげると、とても喜びます。絵もかわいいですね。(Y.K.さん・37歳・女性)
職場で見て、すぐに大好きになりました。
せなけいこさんの絵本は、ゆかいな話に、独特な絵、どの作品もとても楽しいです。
おばけえほんシリーズは、まだこの作品しか持っていないので、これからそろえていきたいです。(R.S.さん・保育士・22歳・女性)
せなけいこさんの絵本を集めています。
幼稚園の先生がせなけいこさんの絵本が好きで、読んでくださるのをきっかけに、子どもも大好きになりました。今はおばけシリーズを集めています。毎月14日(誕生日なので)に1冊ずつ購入しています。(M.I.さん・32歳・女性)
子どもも大人も楽しめます。
文が短いので、読んであげてもリズムがとりやすく、6才の息子も読みやすそうです。古典的な絵柄も親しみがあり、あたたかみを感じました。最後にせなけいこさんのコメントがある点が、大人にも楽しめて良かったです。(S.H.さん・41歳・女性)
道具の大切さの話ができてよかったです。
「母のひろば」に掲載されていた新刊紹介を見て、すぐに購入しました。
私は近くの幼稚園で書道を教えていますが、“ふで”が出てくる本はめずらしく、子どもたちに読んであげたいと思ったからです。「みんなの使ってるふでも、夜になったらこっそり幼稚園の中を散歩してるかもしれないよ」「お部屋に落書きはなかった?」などと聞くと、「ぼくのクラスは大丈夫だった」などと大騒ぎになりました。(Y.T.さん・40歳・女性)