2021.08.25

<新刊かみしばい>大人以上に気を付けたい子どもの熱中症『あついひのおばけさん ≪熱中症の予防≫』

連日の猛暑日、体にこたえる暑さがつづきますね。
7月に刊行されたセット紙芝居「いっしょにまなぼう!〈きけん〉にそなえる紙芝居」から、熱中症の予防に必要な知識を、小さな子どもたちに楽しく伝える新しい紙芝居をご紹介します。


 今日はいい天気。
砂場であそんでいるひろくんですが、おうちに帽子をわすれてきてしまい、だんだん頭があつくなってきました。

「どうしよう」

 「ぼくがたすけてあげる!」

やってきたのは、小さなからかさおばけちゃん。
ぼうしみたいに、ひろくんの頭の上にぴょこんとのりました。

「ありがとう」



すずしくなったひろくんですが、だんだんのどがかわいてきました。

 「ぼくもたすけてあげるよ!」

やってきたのは、かっぱくん! 
かっぱくんがもってきたのは、さあ、なんでしょう?

 



熱中症をテーマにした作品ですが、からかさおばけ、かっぱなど、子どもたちの好きなおばけが次つぎ登場し、主人公のひろくんと遊ぶ楽しい紙芝居です。

 頭のお皿がかわいてしまったかっぱくんを助けようと、最後には意外なおばけも登場し、大きな体で日かげをつくってみんなを休ませてくれます。


 8場面で2歳から楽しめる作品です。ぼうしをかぶること、水分補給をこまめにすること、ときどき日かげで休憩することなど、熱中症の予防に必要な知識を、小さな子どもたちに楽しく伝えています。

裏面には、この作品を監修していただいた全国保育保健師看護師連絡会会長の藤井祐子さんによる解説つき。
子どもの汗腺は働きが未発達で体の熱がうまく放出できないため、大人以上に熱中症に気をつける必要があるそうです。
ご家庭や園での子どもの熱中症対策にどうぞお役立てください。

(苅田澄子 脚本/市居みか 絵/藤井祐子 監修)
あついひのおばけさん

いっしょにまなぼう!〈きけん〉にそなえる紙芝居

あついひのおばけさん

苅田 澄子 脚本/市居 みか 絵/藤井 祐子 監修

あつい日、ひろくんが砂場であそんでいます。おや?ひろくん、ぼうしをかぶっていないね。あつくないのかな?そこへ「おーい、ひろくーん!」とやってきたのは、からかさおばけちゃん!ぼうしみたいに、ひろくんの頭のうえにぴょこんとのりました。「わあ、すずしくなった。ありがとう」そこへ「おーい、ひろくーん!」とやってきたのは、かっぱくん!こんどは、なにをもってきたのかな?熱中症をテーマにした、たのしい紙芝居。

  • 2歳~
  • 2021年7月31日初版
  • 定価1,540円 (本体1,400円+税10%)
  • 立ち読み
いっしょにまなぼう!〈きけん〉にそなえる紙芝居

いっしょにまなぼう!〈きけん〉にそなえる紙芝居

交通事故に、水害・停電、熱中症に感染症。子どもたちの日常には、さまざまな危険がとりまいています。対策を楽しく学んで、安全・健康に毎日をすごしましょう! 避難訓練や安全教育に広く使えるセットです。

  • 3歳~
  • 2021年7月31日初版
  • 揃定価11,440円 (本体10,400円+税10%)