2021.02.18

<いま、演じたい紙しばい>みんなちがって、みんないい『こねこのしろちゃん』

2月22日は猫の日。
今日は猫の登場する紙芝居の中から、1983年刊行の人気のロングセラー作品をご紹介します。

おかあさん猫から、かわいい5ひきのあかちゃん猫が生まれました。
おかあさんも、4ひきのきょうだいたちもまっ黒なのに、5番目のしろちゃんだけはまっ白です。





きょうだいたちとかくれんぼしても、ひとりだけ白いしろちゃんは、すぐにみつかってしまいます。
おかあさんもきょうだいたちも、黒くて毛がつやつや光っているのに、自分だけ白くてよその子みたい。

「みんなのように、くろかったら いいのに。
 なぜ、ぼくだけ しろいんだろうな。
 あああ、ぼく、くろくなりたいな。」

みんなみたいに黒くなりたいしろちゃんは、池のどろんこで泥だらけになりますが、おかあさんにみつかって、洗ってもらい、やさしく抱かれてぐっすりおひるねです。

めがさめて、元気に外へ出かけたしろちゃんがみつけたのは、ペンキやさんが使っている、黒いペンキ。
ペンキの色も、おかあさんやきょうだいたちみたいにまっ黒です。
しろちゃんは、ペンキの缶に入って黒くなろうとしますが……。





しろちゃんが次は何をするのか、観客もハラハラドキドキ。
最後には立派な白猫のおとうさんに出会って、自分がなぜ白いのかわかったしろちゃん。
自分が自分であることが誇らしく、うれしいしろちゃんの気持ちが、紙芝居をみる子どもたちにも伝わってきます。

脚本は多くの紙芝居を手掛けた名手・堀尾青史さん。文章は声に出して心地よく、小さな子どもたちの心によりそって描かれていて、観客に語りかけながらお話がすすんでいきます。

画家・和歌山静子さんによる猫たちの仕草や表情が、なんともかわいらしく、また黄色の背景に白や黒の配色が鮮やかで、わかりやすく、見やすく描かれています。

ぜひ一度は手にとって子どもたちに演じてみていただきたい、傑作ロングセラー紙芝居です。
12場面。3歳頃から楽しめます。大型紙芝居版も刊行されています。

(脚本・堀尾青史 絵・和歌山静子)
こねこのしろちゃん

おはなしがいっぱい

こねこのしろちゃん

堀尾 青史 脚本/和歌山 静子

おかあさんも、きょうだいたちもみんな毛の色がまっ黒なのに、ひとりだけまっ白なしろちゃん。自分だけ色がちがってよその子みたい。みんなみたいに黒くなりたいしろちゃんは、池のどろんこで泥だらけになりますが、お母さんにみつかって、洗ってもらい、やさしく抱かれてぐっすりお昼寝です。でも、やっぱり黒くなりたいしろちゃんは、ペンキやさんの黒いペンキをみつけて、近づいていきますが……。

しろちゃんの行動に、観客もハラハラドキドキ。最後には立派な白猫のおとうさんに出会って、自分がなぜ白いのかわかったしろちゃん。自分が自分であることが誇らしく、うれしいしろちゃんの気持ちが、紙芝居をみる子ども達にも伝わってきます。人気のロングセラー紙芝居。

  • 2歳~
  • 1983年4月1日初版
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税10%)
  • 立ち読み
大型紙しばい こねこのしろちゃん

大きく広がる大型紙しばい 第4集

大型紙しばい こねこのしろちゃん

堀尾 青史 脚本/和歌山 静子

おかあさんも、きょうだいたちもみんな毛の色がまっ黒なのに、ひとりだけまっ白なしろちゃん。自分だけ色がちがってよその子みたい。みんなみたいに黒くなりたいしろちゃんは、池のどろんこで泥だらけになりますが、お母さんにみつかって、洗ってもらい、やさしく抱かれてぐっすりお昼寝です。でも、やっぱり黒くなりたいしろちゃんは、ペンキやさんの黒いペンキをみつけて、近づいていきますが……。

  • 3歳~
  • 2007年5月20日初版
  • 定価8,800円 (本体8,000円+税10%)