2020.12.23

<メディア>「Japanology Plus」(NHK国際放送)にて、紙芝居の特集が放送されます。

NHK国際放送で放送中の人気番組「Japanology Plus」にて、このたび「紙芝居」が取り上げられることになりました。
日本で生まれた文化である紙芝居の歴史と魅力について、じっくりと紹介される予定です。「紙芝居」に関する専門家として、童心社会長の酒井京子が出演します。
また番組では、2019年に初めての紙芝居作品『ちっちゃい こえ』が出版された詩人のアーサー・ビナードさんも登場します。

番組は英語放送となります。
NHK国際放送のほか、NHK BS1でも放送予定です。皆様ぜひご覧ください。


・番組名:Japanology Plus
・放送日時:【NHK国際放送(NHK WORLD-JAPAN)】
      2020年12月29日(火)23:30~23:58
      2020年12月30日(水)11:30~11:58
      ※時差対応のため、上記数回の本放送があります。
      ※国内では、NHK WORLD-JAPANホームページからライブストリーミングでご覧いただけます。
      ※放送後、NHKビデオオンデマンドにて視聴いただけます。番組HPよりご覧ください。
      (公開期間:2021年1月5日~2023年3月31日)

      【NHK BS1】
      2021年1月5日(火)4:30~4:58
・ナビゲーター:ピーター・バラカン
・番組HP:https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/japanologyplus/20201229/2032226/
・NHK WORLD-JAPAN HP:https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ 



ちっちゃい こえ

単品紙芝居

ちっちゃい こえ

アーサー・ビナード 脚本/丸木 俊・丸木 位里 絵/「原爆の図」より

ネコが語ります。家族のこと。命をつくりつづける、体の中のちっちゃい声のこと。ヒロシマのこと…。わたしたちはどうすれば生きていけるのか? 美しい絵から響いてくるそのこたえに、一人ひとり耳をすます紙芝居。
『ちっちゃい こえ』プロモーション動画はこちら

『ちっちゃい こえ』紹介リリース

  • 小学3・4年~
  • 2019年5月20日初版
  • 定価2,970円 (税込)
  • 立ち読み