2020.02.06

〈新刊図書〉より深く遺伝子・DNAへの知識や理解を進めたい方に!『改訂版 遺伝子・DNAのすべて』

2010年の刊行から10年。「エピゲノム研究」をキーワードに、先月21日に刊行された『改訂版 遺伝子・DNAのすべて』をご紹介します。

私たち人間の体は、約60兆個の「細胞」からできています。
細胞には「核」があり、核には二重らせんの形をした分子=DNAが入っています。
DNAに記された人類に共通する遺伝情報=ヒトゲノムの配列が2003年に解読されました。

エピゲノム研究とは、このヒトゲノム情報を元に、どのような遺伝子が変化、制御され、また個体の違いが作られているのか、その仕組みを解き明かそうとする新しい研究分野です。
その研究の先には、一人一人のゲノムにあわせたオーダーメイド医療などが広がっています。

著者は作家で理学博士の夏緑さん。
旧作から大幅に全体を改訂した本書では、見開きごとに、異なるテーマから遺伝子DNA研究の今を伝えています。
1章では「DNAとは何か」「「DNAをとりだそう」「遺伝子のつたわり方」など、遺伝子DNAについての全般的な基礎知識を紹介。
2章では今回の改訂版より、「IPS細胞」「クローン動物」「遺伝子治療とゲノム編集」など、2010年以降エピゲノム研究を軸に進んできた最先端の研究を紹介しています。
3章では、生命の進化の側面からさまざまな生物の遺伝子・DNA研究を、4章では遺伝子・DNA研究の科学者を目指す読者へ、論文の書き方、科学者になるための進路課程、またノーベル賞の受賞者と研究内容を示したリストも収録されています。

143ページ・中高生から大人の方向け。全ページにカラーの図版や写真が入り、主な遺伝子・DNA研究の概要全体の理解を視覚的にも助けます。
中学「理科」高校「生物基礎」での学びを深めたり、より深く遺伝子・DNAへの知識や理解を進めたい方におすすめしたい作品です。

改訂版 遺伝子・DNAのすべて

単行本図書

改訂版 遺伝子・DNAのすべて

夏 緑

遺伝子やDNAの基礎から専門知識まで体系的に学べる1冊。遺伝子のスイッチをオン・オフにするエピゲノム研究などをくわしく紹介して、ポストゲノム時代の研究を反映した待望の改訂版。

■十社の会ホームページ試し読み・動画コーナ
 改訂版 遺伝子・DNAのすべて[全1巻]

  • 中学生~
  • 2020年1月21日初版
  • 定価4,950円 (税込)
  • 立ち読み