〈東京〉アーサー・ビナードさんの講演会が開催されます。

11月30日(土)に明治学院大学にてアーサー・ビナードさんの講演会が行われます。

丸木俊・位里が描いた壮大な連作「原爆の図」をもとに、アーサー・ビナードさんが物語を紡いだ紙芝居『ちっちゃい こえ』。講演会では本作の実演もまじえながら、どのようにして作品を創りあげていったのかを語ります。

どうぞ足をお運びください。


◼️開催概要
講 師 :アーサー・ビナード氏
講演タイトル:視線の行方~「原爆の図」から生まれた紙芝居
参加費 :資料代800円(学生無料 *明治学院大学教職員も無料)
申し込み:資料準備のため出来るだけ事前に申し込みをお願いします。
     竹内良男様(「ヒロシマ連続講座」)
     TEL:090-2166-8611
     E-MAIL:qq2g2vdd@vanilla.ocn.ne.jp
日 時 : 2019年11月30日(土) 14:00〜17:00
場 所 :明治学院大学 白金校舎 本館2階1255教室
    〒108-8636 東京都港区白金台1−2−37
    地図はこちら

共催:●「ヒロシマ連続講座」(第90回)
   ●明治学院大学国際平和研究所(PRIME)

詳細はこちらのサイトをご覧ください。

チラシのダウンロードはこちら
ちっちゃい こえ

単品紙芝居

ちっちゃい こえ

アーサー・ビナード 脚本/丸木 俊・丸木 位里 絵/「原爆の図」より

ネコが語ります。家族のこと。命をつくりつづける、体の中のちっちゃい声のこと。ヒロシマのこと…。わたしたちはどうすれば生きていけるのか? 美しい絵から響いてくるそのこたえに、一人ひとり耳をすます紙芝居。
『ちっちゃい こえ』プロモーション動画はこちら

『ちっちゃい こえ』紹介リリース

  • 小学3・4年~
  • 2019年5月20日初版
  • 定価2,970円 (税込)
  • 立ち読み