2019.07.15

<連載>アニバーサリーおめでとう!『切り紙昆虫館』

いよいよ夏本番!子どもたちにとっては、たくさんの昆虫たちとの出会いに胸を躍らせる季節ですね。
今日ご紹介するのは、今年刊行から10歳を迎える『切り紙昆虫館』です。

写真家・今森光彦さんによる、昆虫の切り紙たち。すべてハサミ1本で切り出すことができます。
これらの切り紙のさらなる魅力は、立体にできるということです。
切ったあと折れ目をつけることで、まるで動き出しそうな立体昆虫に!

夏の人気者、カブトムシやクワガタはもちろん、アメンボやアリ、ゲンゴロウにフンコロガシまで。
今森さん自身、長年見つづけてきた昆虫たちがせいぞろい。

本作のあとがきから、今森さんの言葉をご紹介します。

作りかたの基本は、紙を半分におって切るだけです。
それに命をふきこむのは、作り手しだい。
まずは、生きている昆虫たちを、ようく観察することがたいせつです。
ポーズをじっくり研究して、あなたも自分だけの昆虫館をひらいてみましょう。

切ってみると、昆虫の形の特徴や美しさがよりはっきりと感じられるはずです。
すべて切り終えたとき、折った紙を開いたとき、立体になったとき……。
わくわくする瞬間をたくさん味わえる1冊。夏休みの工作にもおすすめです。

巻末にはすべての型紙を掲載しています。

(今森光彦・作)


切り紙昆虫館—ハサミで作ろう!

単行本図書

切り紙昆虫館—ハサミで作ろう!

今森 光彦

「これが切り紙!?」ハサミ1本で切りだされた、立体的な虫たちの姿にびっくり!専門家ならではの造形は、追随をゆるしません!世界のクワガタをはじめ、トンボにゲンゴロウ…人気の虫たちが大集合!!

  • 小学1・2年~
  • 2009年7月30日初版
  • 定価1,650円 (税込)
  • 立ち読み