<新刊・定期刊行紙しばい>『あついひのおともだち』

遊びざかりの子どもたちは、夏の暑い日でも、外で遊ぶことが大好き。
そんなときに気をつけたいのが熱中症。夏の子どもたちの健康管理につながる紙しばいをご紹介します。

暑い日、元気にお外に飛び出したのは、めいちゃん。
でも、なんだかフラフラしてきて、お顔は真っ赤。

何か忘れていないかな。
まずは、帽子のしーちゃんをかぶりました。
「ああ、すずしい!」

でも、まだ忘れてないかな。
めいちゃんは、のどが乾いてきました。
そこで次に、やってきたのは、水筒のごっくん。
めいちゃんは、お水を飲んで「ああ、おいしい!」。

さあ、めいちゃんと、しーちゃんと、ごっくんが、歩いていると、
「あつい あつい。」と聞こえてきます。
たいへん! みんなフラフラ、汗ダラダラです。そこでめいちゃんは、
しーちゃんと、ごっくんに相談して・・・・・・。

帽子に、水分補給、日陰の休憩など、子どもたちが熱中症の危険が高い夏の暑い日でも健康に過ごすために大切なことが親しみやすく描かれています。特に最近は猛暑日が多くなっています。子どもも大人も正しい知識を身につけたいですね。

8場面で、2歳からお楽しみいただけます。ぜひ演じてみてください。

(脚本 かとうようこ・絵 はやしますみ)



あついひのおともだち

2019年度定期刊行紙しばい 年少向け おひさまこんにちは

あついひのおともだち

かとうようこ 脚本/はやしますみ

暑い日、お外に飛びだしためいちゃんは、ふらふらになって…。

  • 2歳~
  • 2019年8月1日初版
  • 定価1,512円 (税込)
  • 立ち読み