<愛媛>「アーサー・ビナードと『ちっちゃい こえ』を聴く」が、今治市で開催されます。

詩人のアーサー・ビナードさんは「原爆の図」との出会いから、それをもとに独自の物語を紡ぎ、紙芝居『ちっちゃい こえ』をつくりました。そんなアーサー・ビナードさんを招いての読み聞かせ、紙芝居の上演などを行うイベント「アーサー・ビナードと『ちっちゃい こえ』を聴く」を下記の日程で開催いたします。お近くの方は、ぜひ足をお運びください。

とき:2019年6月9日(日)13:30〜16:00
ところ:大三島 万福寺
    今治市大三島町口総4169 TEL.0897-83-0032
参加費:子ども・学生無料 大人500円(おやつ・お茶付き)
お問い合わせ・お申し込み:電話090-8175-4370(たけくま) Eメール kukan.ws@gmail.com

ちっちゃい こえ

単品紙芝居

ちっちゃい こえ

アーサー・ビナード 脚本/丸木 俊・丸木 位里 絵/「原爆の図」より

ネコが語ります。家族のこと。命をつくりつづける、体の中のちっちゃい声のこと。ヒロシマのこと…。わたしたちはどうすれば生きていけるのか? 美しい絵から響いてくるそのこたえに、一人ひとり耳をすます紙芝居。
『ちっちゃい こえ』プロモーション動画はこちら

『ちっちゃい こえ』紹介リリース

  • 小学3・4年~
  • 2019年5月20日初版
  • 定価2,970円 (税込)
  • 立ち読み