紙芝居アカデミー2018全講座が終了しました。

紙芝居アカデミー2018全講座が終了しました。

保育士の方・幼稚園教諭の方、また保育を学ぶ学生の方を対象とした「紙芝居アカデミー」。10/26に第5回の講座が行われ、今年度の全講座が終了しました。

今回は絵本、紙芝居作家のとよたかずひこさんを講師としてお招きし、「自作を語る 紙芝居と絵本を作り続けて」というテーマでお話頂きました。

まず『はい、タッチ』の実演からスタート。とよたさんと地域の子どもたちとの交流を通して製作された秘話を明かし、続けてご自身の子育てから着想を得た『でんしゃがくるよ』を実演してくださいました。途中、絵本『どんどこももんちゃん』や『おにぎりくんがね・・』も読み、受講生の皆さんも普段から楽しんでいる作品のエピソードや作家自身の思いを聞き、目を輝かせていました。

絵本と紙しばいの違いについて「絵本の好みは読者によってそれぞれ。でも紙しばいはみんなで見るものなので、なるべくわかりやすくシンプルにして、見ている人たちの共感を得られるように作っている」と語ったとよたさん。「大人が楽しんで読んだら、子どもにもそれがきっと伝わる」という言葉とともに第56回高橋五山賞を受賞した『ぞうさんきかんしゃ ぽっぽっぽっ』を実演し、会場全体が優しい雰囲気に包まれました。

とよたさんの講義の終了後、すべての受講生に修了証とプレゼントの紙芝居をお渡しし、和やかに全5回の講座が終了しました。
来年度の予定も現在組んでおります。決まり次第お知らせしますので、ぜひお申込みください♪

お問い合わせ:童心社紙芝居アカデミー係 担当:橋口・宮原
TEL:03-5976-4181 
FAX:03-5978-1078 お問い合わせはこちら