2017年度 定期刊行かみしばい

紙しばいをとおして、子どもたちが新しい世界に出会い、豊かな心を育てていくことを願い、一年間お届けします。

年間購読をご希望の方は童心社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまで

おひさまこんにちは
ともだちだいすき

おひさまこんにちは

毎月1,512円(本体1,400+税)

年間購入価 定価18,144円(本体16,800円+税) ISBN978-4-494-08559-0

初めて出会う紙しばい。リズミカルなことばとシンプルな構成で、みんなで楽しむ心を育てます。ユーモアあふれるお話や、
季節や行事にぴったりの作品がそろいました。

2017年4月号

ぞうさんきかんしゃ ぽっぽっぽ

ISBN978-4-494-09252-9
ぞうさんきかんしゃ ぽっぽっぽ

ぞうさんが先頭のぞうさんきかんしゃに、動物たちがのってきました。ぽっぽっぽっ……一緒にはしったら、お客さんがつかれちゃったみたい!? すると、ぞうさんきかんしゃが…。
ごっこ遊びにもつながる紙芝居。

2017年4月号の雲
2017年5月号

いもむし ころころ

長野 ヒデ子脚本・絵
ISBN978-4-494-09254-3
いもむし ころころ

いもむしさんがおさんぽ。♪いもむしこーろころ、ひょうたんぽっくりこ。あ、まるいものがあるよ。「おおきいいもむしさんのころころうんちだ!」2ひきはなかよくあそびました。するとだんだんねむくなって…。
わらべ歌といっしょに楽しめる可愛らしいお話。

2017年5月号の雲
2017年6月号

むぎわらぼうしの むーぼくん

ISBN978-4-494-09256-7
むぎわらぼうしの むーぼくん

むーぼは、なっちゃんのむぎわらぼうし。おでかけするときは、いつもいっしょです。でもなっちゃんが、むーぼから目をはなしたすきに、ひゅ~っと風がふいて、むーぼはとばされてしまいました。

2017年6月号の雲
2017年7月号

ばけこちゃんのたなばた

ISBN978-4-494-09258-1
ばけこちゃんのたなばた

ばけねこのばけこちゃんは、ともだちと七夕かざりを作ります。夜空には天の川がきらきらながれています。「ほしぞらをとべたら、たのしいだろうにゃあ」ばけこちゃんたちがたんざくに願いごとをかこうとすると…。

2017年7月号の雲
2017年8月号

ポンコちゃんとすいかわり

ISBN978-4-494-09260-4
ポンコちゃんとすいかわり

あつーいなつです。ぽんこちゃんは、プールにうかんで売られているすいかをみつけました。ぽんこちゃんも、スイカにへんしんして、ドボン!とびこんだから、さあたいへん!ぽんこちゃんも買われてしまって…。

2017年8月号の雲
2017年9月号

たこたこ おさんぽ

ISBN978-4-494-09262-8
たこたこ おさんぽ

ここは海のほいくえん。大きくなったタコぐみのみんなは、遠くまでおさんぽにいくことに。「海にはこわいものがいっぱいいるの。ちゃんと手をつないでね」とちゅう、ヤリイカさんに会ったり、ウツボにおそわれて…。

2017年10月号

くらべっこ くらべっこ

ISBN978-4-494-09264-2
くらべっこ くらべっこ

おいもがいっぱいとれました。さあ、くらべっこ、くらべっこ。どれがいちばん大きいの? どれがいちばん長いかな? リズムが楽しい参加型の作品で、様々なおいもをくらべながら、大きさや形が自然に認識できます。

2017年10月号の雲
2017年11月号

ぴっかぴかで いいきもち

ISBN978-4-494-09266-6
ぴっかぴかで いいきもち

なっちゃんは、おふろもはみがきもきらい。おかしも、にげていきました。なっちゃんはかなしくなって…

2017年11月号の雲
2017年12月号

おっきなおにぎり ちっさなおにぎり

ISBN978-4-494-09268-0
おっきなおにぎり ちっさなおにぎり

大きい猫が小さなおにぎりを、小さい猫が大きいおにぎりを拾ったって。大げんかになったので、さるに決めてもらうことにした。

2017年12月号の雲
2017年1月号

かんづめ あけよう!

五味 太郎脚本・絵
ISBN978-4-494-09270-3
かんづめ あけよう!

しょくじのじかんです。かんづめでおりょうりをつくりましょう。おじいさんとぼくがかんづめをあけると「いらっしゃいませ! かんづめバーガーやにようこそ!」と、へんなおじさんが出てきました。

2017年1月号の雲
2017年2月号

まいちゃん こんにちは

ISBN978-4-494-09272-7
まいちゃん こんにちは

きょうはいいてんき。まいちゃんがおさんぽしていると、リスのおにいさんにあいました。であったふたりは……。

2017年2月号の雲
2017年3月号

いたずらこひつじ

ISBN978-4-494-09274-1
いたずらこひつじ

男の子のラッタとこひつじのルッタは、とってもなかよし。ところが、ルッタがラッタのジャンパーをやぶいてしまって…。

年間購読をご希望の方は童心社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまで

ともだちだいすき

毎月2,052円(本体1,900+税)

年間購入価 定価24,624円(本体22,800円+税) ISBN978-4-494-08560-6

物語に親しみながら、共感する心を育てます。
紙しばいならではのドラマチックな展開で、お話を楽しみ、身近な自然科学などへの興味をひきだします。

2017年4月号

さくらぐみのひろくん

ISBN978-4-494-09253-6
さくらぐみのひろくん

ひとつ大きいさくらぐみになるひろくんは、夜、なかなか眠れません。そこへ、さくらぐみのブロック1ごうがとんできました。次の日、一緒にさくらぐみへ行ってみると……。
進級のドキドキや喜びを描いた作品。

2017年4月号の雲
2017年5月号

とっしんたとおさるのキッキ

ISBN978-4-494-09255-0
とっしんたとおさるのキッキ

いのししのシンタはとっしんするのが大好き。シンタに昼寝をじゃまされたさるたちは、とおくへいってしまいました。すると、木の下に小さなさるがうずくまっていました。「えーん、はぐれちゃったよ~。」そこで…。

2017年5月号の雲
2017年6月号

こわがりつばめのピッピ

ISBN978-4-494-09257-4
こわがりつばめのピッピ

つばめのピッピはこわがりで、まだ一度も巣から出たことがありません。冬がくるまえにあたたかいところへ旅ができるように、高く遠くへ飛べるようにならなければ。ピッピは飛ぶれんしゅうをはじめますが……。

2017年6月号の雲
2017年7月号

みつばちぶんのおつかい

ISBN978-4-494-09259-8
みつばちぶんのおつかい

ぶんは、はじめて外へ出てみつをあつめることになりました。たいようにむかってとんでいくとツツジの花がよんでいます。そこで、ツツジの花びらのてんてんをめじるしにして…。
日本ミツバチの生態をえがきます。

2017年7月号の雲
2017年8月号

おばけのおまじない

ISBN978-4-494-09261-1
おばけのおまじない

ぴかぴかぴかーっ! どしゃぶりです。りょうくんのあたまのうえから、おおきなかさがふってきました。ただのかさではありません、かさおばけです。かさおばけがいいました。「ぼくもかみなりがこわいんだ!」

2017年9月号

こびとのくつや

ISBN978-4-494-09263-5
こびとのくつや

昔あるところに、機嫌がよくてやさしいくつやさんがいました。でも、とてもびんぼうで、とうとう一足分の靴のかわが残っているだけになってしまいました。それが次の日…。
グリム童話をたかどのほうこさんが脚本化。

2017年9月号の雲
2017年10月号

ハロウィンのかぼちゃ

ISBN978-4-494-09265-9
ハロウィンのかぼちゃ

むかし、ハロウィンの夜、悪魔がジャックのたましいをとろうと…。

2017年10月号の雲
2017年11月号

へんしん まめまめ

土田 義晴脚本・絵
ISBN978-4-494-09267-3
へんしん まめまめ

えだ豆をぜんぶ収穫せずに残しておいたら、秋に大豆にへんしんしていました。もやし、みそ…大豆はいろいろなものにへんしんするよ!

2017年11月号の雲
2017年12月号

きんいろのうま

ISBN978-4-494-09269-7
きんいろのうま

なまけものの吾作のまえに貧乏神があらわれた。「おまえには長年せわになったから、いいところへつれていってやろう」というのだ。貧乏神についていくと、宝物をつんだ金色の馬がやってきた……ユニークな昔話です。

2017年12月号の雲
2017年1月号

しっぺいたろう

ISBN978-4-494-09271-0
しっぺいたろう

昔、旅の坊さんが、ある村を苦しめている神さまの正体が実は化け物だと知る。化け物たちは「しっぺいたろう」をおそれていて…。

2017年1月号の雲
2017年2月号

すてきなともだち

中平 順子脚本 鈴木 千歳原作・訳 尾崎 曜子
ISBN978-4-494-09273-4
すてきなともだち

ネズミとカラスとカメとシカが仲よしです。ところがある日……。

2017年3月号

ぼく、まだねむいんだ

ISBN978-4-494-09275-8
ぼく、まだねむいんだ

春です。冬のあいだねむっていたこぐまのおやこが目をさまします。

2017年3月号の雲

年間購読をご希望の方は童心社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまで

童心社トップへ戻る