おいしいともだち (4)

とうふさんがね‥

とうふさんがね‥

カートにいれる

とよたかずひこ さく・え

とうふさんが「よいしょ よいしょ よいしょ たっぷん とっぷん」走っています。ちっちゃなとうふさんたちも後からついてきて、まないたでねぎをとんとん。みんなみそしるのおふろに、とっぽ〜ん。すると…。


  • 定価918円 (本体850円+税)
  • 判型:B5変型判/サイズ:18.7×21cm
  • 頁数:24頁
  • ISBN:978-4-494-00185-9
  • NDC:596

感想を書く

読者の声

このシリーズどんどん出してください。
大きなとうふがひややっこで落ち着くところがとてもおもしろかったです。
おいしいおともだちシリーズは4冊全部持っています。保育園に勤務しておりますが子どもたちも皆大好きです。
「しんぱいごむよう!!」の所は皆でかけ声をかけています。(女性)
待望のとよたさんの新刊!
またもや期待を裏切りませんでした。ねぎを頭にのせてまな板をすべる小さいとうふさんたちと、大きい「おっちゃん」。想像をこえる内容で、大満足です。とよたさんのアイディアには、驚かされます。決めゼリフもますます際立ってました。(S.S.さん・35歳・女性)
いつも楽しいお話をありがとうございます。
「おっちゃん」の言葉がとてもおかしいらしく、息子2人、ゲラゲラ笑っています。「しんぱい ごむよう!」の所は、2人して手を前にして読んでくれます。
“かずひこさんの本”と言って、息子達は本を開いています。(Y.S.さん・36歳・女性)
読み手の私が、身体中ハッピーになりました。
たまごさん、おにぎりくん、なっとうさん、どれも可愛らしく、子どものすぐ生活に近い“おともだち”ですね。『とうふさん』は、この中でもお話の流れがとくに素晴らしい。
小さいとうふさんたちが、「おっちゃん」を心配するページは、実際に「どうしようか」「なんで?」「おっちゃん大きいからだよ、どうすればいいかな…」と、左右前後のお友達と対応を“話し合って”います。「おっちゃんはとなりで…」とタイミング良くページをめくったときの、安心し満足した子どもたちの表情がぐっときました。(T.H.さん・保育士・48歳・女性)