とことこえほん

はなび ドーン

はなび ドーン

立ち読み

在庫僅少

カートにいれる

カズコ G・ストーン さく

夜空にうかびあがる、色鮮やかな花火。小さいの、大きいの、赤いの、黄色いの、まるいの、星形の…。「ドーン」など様々な音といっしょにはじける花火に、心も明るくなります。色、音、形が楽しいあかちゃん絵本。

  • 定価1,026円 (本体950円+税)
  • 判型:B5変型判/サイズ:21×18.7cm
  • 頁数:24頁
  • 0・1歳~
  • ISBN:978-4-494-00177-4
  • NDC:913

紹介記事をみる

感想を書く

読者の声

1冊以前に同じものを購入して、今回2回目です。大好きすぎて、お風呂にもっていってしまい、かわかしたのですが、べちゃべちゃになって、やぶけてしまいました。今、子どもの1番たいせつな大好きな絵本です。色があざやかなので、見るたびに感動して、この絵本をきっかけに、「きれい」という言葉を言えるようになりました!(27歳・女性)
夏の花火を見にいく日に買いました。なぜかというと、おなかの赤ちゃんに(まだ早かったlかもしれません)読んできかせたかったからです。うまれて今も読んでいます。きれいな絵をよくみています。(31歳・女性)
夏の季節にふさわしく、またとても美しくすてきですね。乳幼児向けなのでしょうが、小学校低学年でも、音読や擬態語、擬音語、カタカナ表記等の獲得の指導に有効だと思いました。(女性)
赤ちゃんとのふれあい会に
先日、中学3年生が家庭科の学習で赤ちゃんとのふれあい会をしたときの様子を思い出し、楽しく拝見しました。オノマトペは幼児にとってとても魅力的なコトバであり、絵もカラフルですばらしい絵本ですね。2学期に生徒たちが赤ちゃんと再会して読み聞かせをするので使いたいと思っています。(女性)
はじめての「おどろき」との出会い
音、色、形がまさに共演していますね。本物の花火を観る前に、しっかり赤ちゃんに見せておくのがいいのか、花火を観たあとがいいのか、妙なことを思ってしまいました。(女性)

推薦のことば

夜空に咲く大輪の華『はなび ドーン』 2012年6月20日
 夏の夜空に咲く花火の美しさを、何にたとえたらいいでしょう。夏が来るたび、今年こそ! 今年も! と心待ちにしている人が大勢いるはずです。
 花火の魅力は、なんといっても、暗く広い空と光と音です。
 『はなび ドーン』は、あかちゃんのために作られた絵本ですが、この三つを存分に楽しませてくれます。さて、あかちゃんの目に、この絵本はどう映ったでしょう。
 表紙をめくると、藍色の空に白い線を描いて、何かがあがっていきます。0歳児クラスの子どもたちは、じっと画面を見つめています。シューッ パンッ ドーン パパパーンと、次々にくりひろげられる音といっしょに、花火も少しずつ炸裂しはじめました。赤ちゃんは音に敏感です。読み手もこの音を思い切り楽しんで読めるといいですね。その気持ちが伝わったのでしょうか、子どもたちは、花火の音に肩を揺らして喜びました。
 くりかえし読むと、音を真似する子どもも出てきます。くりかえす波のような音の響きが、さわやかな絵と一体となって夜空の光の饗宴を満喫させてくれます。カズコ G・ストーンさんの絵にはいつも、子どもたちへの誠実な愛情を感じます。『はなび ドーン』は、赤ちゃんと花火の楽しさを共有したい、そんな優しさにあふれる絵本です。読み終えたら、ほんとうの花火を見せてあげたいですね。きっと、子どもたちは、「おんなじ!」と、絵本に駆けよってくることでしょう。
中村 柾子(なかむら まさこ/元保育園園長)